ママだってみんな違っていい。 Momful【マムフル】

  • その他

記事を読んで届いたお手紙 Re:まむふる·れすぽんす ワンオペのお便り一覧

記事を読んで届いたお手紙 Re:まむふる·れすぽんす ワンオペのお便り一覧

<#ワンオペ>

2022.05.25 いおたお さん

3歳のお兄ちゃんと1歳の妹をほぼワンオペで見てます。
 
3歳のお兄ちゃんはやんちゃで運動神経がよく家でじっとしていません。妹は泣き虫で後追い地獄です。
私から離れたかと思えばお兄ちゃんのおもちゃを取りにいってケンカです。どちらかが泣いたら私が怒るという毎度の流れです。ご飯におむつにトイレに後追いにイヤイヤ期。どっちも常に目が離せません。
 
旦那は普段は優しいし、育児も家事もしてくれます。
しかし私はもっともっと、仕事をしている旦那より私のワンオペの方がきついんだ、辛いんだと思ってしまい、態度に出してしまいます。
その態度に旦那もキレ、ケンカになる日々です。疲れました。

Momful編集部

いおたおさん、お手紙ありがとうございます。
 
3歳と1歳なんて、両方手のかかる年齢ですよね…。毎日の育児お疲れ様です。
旦那さんは、自分が仕事をしている間、子ども達といおたおさんがどんなことを繰り広げているのかなんて、わからないのではないかと思います。
 
私も、作ったご飯を子どもに全部投げられて、泣きわめかれて、辛いと思ったときに、 仕事から帰ってきた旦那さんのご飯を子どもが食べようとして、「まだ子どもにご飯を食べさせてないの?」と悪気なく言われて、腹が立ったことがありました。
人は、目の前で繰り広げられていることでしか物事を判断できないから、衝突するんだと思います。
そして、実は自分がこんなに疲弊していて、大変だっていうSOSをキャッチしてもらえないことが一番つらいんじゃないかなって思いました。
 
それから私は、嫌になる前に今日あったことを旦那さんに話すようにして、ストレスを抱えないようにしました。
そうしたら、ちょっとは気を使ってくれるようになったり、逆に今日はどうだったか聞いてくれたりするようになりましたよ。
 
マムフルの他のお便りをみると、同じ悩みを抱えている人がいて、自分だけじゃないんだと思うと頑張れたりもします。
どんな形でもいいと思いますが、いおたおさんにとってストレスの溜まらない方法が見つかることを祈っています。
 
自分の思うようにいかないのが育児の辛さ。
たまには家事も育児も手を抜いて、息抜きしてくださいね。

2022.04.29 匿名希望 さん

4歳と0歳の子育て中です。
下の子の妊娠中から赤ちゃん返りをした上の子は、なんでも自分でやりたい期間から急激に甘えん坊さんに。
妊娠中は上の子の甘えもいっぱい受け止めて、産後も優先しなきゃと思ってましたが、いざ産まれてみたら泣き声始め、下の子が気になって気になって、あまり優先できてない。
そんな自分に気づいて落ち込んで謝って。
 
そんな上の子も産後半年たってからはお兄ちゃんぽくなり、一生懸命お世話を手伝ってくれたり、一緒に遊ぼうとしたり、危ない物を率先して片付けてくれたり。
とても良いお兄ちゃん、、、なのに、少しワガママ言ったり言うことを聞かないだけで、怒ってしまいます。
 
いっぱい我慢してくれてるのを知ってるのに、上手く甘えさせられない私は母親失格なのでは、と毎日寝顔を見ては落ち込んでます。
 
平日は基本ワンオペですが保育園あり、土曜はじぃじが、日曜はパパがいます。
恵まれてる環境なのにちゃんとできない自分が情けなくて、今この詩を読んで涙がぼろぼろ出てきました。
明日からは変われると良いなぁと思いました。

Momful編集部

お手紙ありがとうございます。
 
授乳中、夜もほとんど寝れず、ママもたくさん疲れてしまう中で、上の子も小さいと目を離せないし、とっても大変ですよね。そんな中、子どもとちゃんと向き合おうと努力している匿名希望さんはすごいと私が思います。
 
上の子も匿名希望さんが言うように、すごく甘えたくても我慢していたり、4歳ともなれば空気感や状況を読み取って行動することも増えそうですよね。
下の子と上の子がぐずるタイミングも違えば、気分がいいときのタイミングも違う。
それぞれのタイミングにママがあわせていたら、そりゃもうママは大変だし、イライラしたり、怒ったりするのはしょうがないと思います。
 
きっとママにとって、土日は家族がいるってだけで、ちょっとだけ気分も違いますよね。少しゆっくりできたり、パパにみてもらっている間、ご飯支度ができたり…。
たまには家事も休んで、ママの時間をもらって息抜きができれば、子どもとの接し方も変わって来るかもしれません。
 
私は、とっても辛くなった時、パパに子どもを頼んで1人時間をもらったら、子どものことが心配になりながらも、とっても息抜きできました!
周りのひとを巻き込みながら、たまにはラクをして、育児を頑張っていきましょうね。

2022.04.05 よりちゃんママ さん

初めてマムフルさんの素敵な詩を読ませていただきました。
私は今、1歳3ヶ月の男の子を育てています。
とっても可愛くて愛おしい存在です。
 
普段は子煩悩でとっても頼りになるパパがいてくれるので、あまり困ることなく過ごせていましたが、そんなパパが今は入院中で、私はワンオペ育児に毎日奮闘してます。
怒らずにまずは子供に寄り添う育児を目標に、毎日頑張っていました。だけど今日は気持ちが一杯一杯になってしまって、子供が泣いても寄り添うことができない自分がいました。
 
家事と育児はもちろん、仕事もしているし、パパの病院まで週3日往復2時間、あーなんだか疲れたなって思っちゃいました。
パパにも子供にも八つ当たりをした日だったと思います。
 
そんな悪いことをした自分に嫌になって、完璧にできていない家事も悔しくて、子供が可愛くて大切で一番なのにそれができなかった自分が嫌で仕方なくて、泣けました。たくさん泣きました。
最後は子供と向き合って仲良く寝かしつけができて、それだけでも良かったと思いますが、寝かせた後たくさん泣いて、ごめんねの気持ちでいっぱい後悔しています。
 
マムフルさんの詩を読んで、更にたくさん泣きました。
過ぎ去った日々は取り戻せないけど、明日からの自分に活かすことはできる。
過ぎ去った日々も、ママで居させてくれた立派な思い出。
今も昔もこれからも、どんな喜怒哀楽のある日になろうと大切な時間ですね。
 
明日からも頑張ろう、怒って後悔してもそれも一瞬の出来事で一生の思い出。楽しんでいこうって思わせてくれる素敵な詩でした。 八つ当たりしちゃったからパパにも謝ろう。
 
マムフルさんのおかげで、気持ちがスッキリしました。
また育児に疲れたら、心の拠り所にさせてもらいます。

Momful編集部

よりちゃんママお手紙ありがとうございます。
 
まだまだ手がかかる大変な時期に、ワンオペ、家事、仕事、全てを完璧にこなすことはできません。
その上旦那様の病院に週3回長い時間をかけて通うのは至難の技。よりちゃんママさんがいっぱいいっぱいになって、仕方のない自体に自分を責めてしまって、悪循環で悲しいですね。
 
子育てって本当に大変で、毎日同じことの繰り返しのように見えても、その日その日で子どもの感覚も機嫌も違います。
まだこの世に生まれて1年。ママだってママになってまだ1歳です。失敗もして当然ですし、頑張りすぎる必要もありませんよ。
 
私も子どもがやっと大きくなってきて、今思えばもっと肩の力をぬいて過ごしてもよかったんじゃないかと思います。
ずっと頑張りすぎていて、今思えば疲れていたなと。
子育てはまだまだ続きますから、今のうちから手の抜き方も覚えちゃいましょう(笑)
 
今やっているところも、必ず手が抜けるところがあるはず。そしてそれをダメという人もいないと思います。
「ママだから」と思って頑張りすぎてしまうママはたくさんいると思いますが、ママが体や心を壊した時、結局困るのは子どもなんですよね。
 
ご自分にもご褒美しながら1日1日健康に過ごしてください。
またいつでもマムフルを覗きにきてくださいね。

2022.03.17 ゆき さん

一歳と3歳を育ててます。
 
毎日毎日涙がとまりません。
同時にため息ばかりだし、片付ける気力も起きない。
なんにもやりたくない。だけどご飯作らなきゃ、洗濯物やらなきゃ、子供達を遊びに連れて行かなきゃって毎日同じことばかり考えて、、
疲れました。
みんなやってることだし、自分が産んだ子供なんだからしっかりやらなきゃと思うけど誰にも認めてもらえないし感謝もされない、自分はなんなんだろうって。
 
旦那とは毎日喧嘩ばかりです。
なんにもいいことないなんて思ってしまいます。
それでも子供達は天使のように可愛い。悪魔みたいに泣き叫ぶ。
ここ最近一歳の子が朝と夕方必ず思いっきり反りながらギャン泣きがすごくて、加えて日中はずーっとくっついてきて何かやる時はずっと抱っこです。
 
旦那はリモートワークですが、ほぼずっとワンオペです。
イライラしてばかりで子供達にも申し訳ないです。

Momful編集部

ゆきさん、お便りありがとうございます。
 
1歳と3歳のお子さんの子育て本当にお疲れ様です。
私もゆきさんと同じ、2歳差の子どもがいます。
現在は、二人とも小学生になり、子ども二人だけで遊ぶことも増えたので、かなり楽になりましたが、1歳、3歳のころは、ゆきさんと同じく毎日必死でした。
 
午前中は公園へ遊びに連れて行って、何時になったら昼寝をさせて、昼寝している間に上の子の世話、洗濯物たたんで、ご飯をつくって…と毎日その繰り返しでした。
下の子が生まれたことで、上の子の赤ちゃん返りがあったりして、体力的にも精神的にもくたくたの毎日。
仕事しかしていない旦那が本当に腹立たしく、よく言いあいもしていました。
 
今はコロナ渦ということもあり、ママの息抜きすら難しいなと感じます。
一日のうち1時間でも、自分だけの時間を作って、少しホッと一息ついてくださいね。
 
またいつでもMomfulへあそびにきてください。

2022.03.14 ゆきち丸 さん

たった今、仕事で疲れてるからと言われ旦那にイライラし、なかなか寝付かない子供にもイライラしてしまい…
日頃のほぼワンオペ育児で荒んだ気持ちのままこちらに辿り着き、読ませていただいたのですが…泣きました。
 
もう…本当にそうだよな…と思い、旦那と子供に凄く申し訳ない気持ちになったのと、かけがえのない時間ばかりが過ぎていっている毎日なんだと気付かされました。
【ママとパパのために、全身を力いっぱい使って、思い出を撒き散らしてくれていた】
今散らかった部屋を見て、号泣してしまいました。
 
本当に今日だけでも色んな思い出を残して寝たんだなぁ…と。散らかったおもちゃも愛おしく思えました。
毎日を大切に大切に過ごそうと、改めて気づくことが出来ました。
ありがとうございます。

Momful編集部

ゆきち丸さんお手紙ありがとうございます。
 
【ママとパパのために、全身を力いっぱい使って、思い出を撒き散らしてくれていた】
そう思えば少しかわいいものに見えるかもしれませんね。
 
どうしても散らかっている部屋を見るとため息とイライラしてしまいますが、ゆきち丸さんのいう通り、あと数年もすれば散らかってる部屋なんてなくて、こんな日々のことも「そんな時もあったかなぁ」なんて思う日がくるんですよね。
そう考えるとなんだか寂しい気持ちになったり。
 
今はとても大変かもしれませんが、その分今しか見られない愛くるしい子どもの存在があるんですよね。
私の息子ももうそんな愛くるしい姿も消えつつあります。
あんなに大変で早く大きくなれと思っていたあの頃に、ほんの一瞬戻りたかったり。過ぎてしまえばこんな勝手なことも言えてしまっておかしいですね。
 
ゆきち丸さんも少し肩の力を抜いて、今できることはして、無理な家事はやりすぎずに日々過ごしてください。

2022.03.05 トナカイ さん

生後2ヶ月のママです。
 
高齢でようやく授かったこどもなのに、ワンオペ育児で、1日中赤ちゃんにつきっきりで
お風呂も、運動も、料理も、ゆっくり食べてたご飯も、温かいコーヒーも、メイクも、長い髪も切り、買い物も、仕事も、起こさないように静かに過ごさないといけなくて、好きなテレビ…、
 
我慢ばかりしてる、辛い、疲れた
また抱っこ、寝かしつけ、そんなことを感じはじめて、検索したらここに行き着きました
 
本当に尊いのは今なのに、私が望んで、この子にきてもらったのに
涙で詩が読めないくらいでした
また、ここに来て元気をもらいたいと思います

Momful編集部

トナカイさん、お手紙ありがとうございます。
 
夜中の授乳や泣き声でママも眠れず、一番大変な時期かと思います。いつもお疲れ様です。
詩の内容にもあるように、化粧をする暇も髪をセットする暇もなくなるくらいに余裕も時間もないですよね…。
私も子どもが新生児のときから今もずっとワンオペ育児で、その辛さがとてもよくわかります。
誰も頼ることができなくて、自分で何とかしなきゃと思い詰めてしまいますよね…。
 
何もかも嫌になってしまって辛くなるのは、睡眠がまともに取れないことが一番の原因なのかなと私は思っていて、我慢の限界になったら、もうひたすらに子どもと一緒に寝てしまっていました。
 
もちろん旦那さんのご飯をどうしようかとか、家事の心配もあるかもしれませんが、それは置いといて、とにかく眠ってしまう。
身体も休まるし、すこし気分もよくなるはずです。
私は、子育て支援センターで先生たちとお話したり、それでも辛くなったら家事代行サービスを頼んでみようかなとか、ちょっとでも自分がラクになる方法を探していました。
 
トナカイさんは家事も育児もすべてこなしていて、充分頑張っていると私は思います。
今は子どもが小さくて外出することもなかなか難しいとは思いますが、どこかでいつも頑張っている自分へご褒美の時間を作ってあげて、身体を労わってあげてくださいね。
 
またいつでも詩を読みに、マムフルを覗きにきてください!

2022.03.01 なおこ さん

6歳と1歳の息子たちを育てています。
専業主婦とはいえ、起業をして家で仕事をしているので慌ただしい日々。
 
毎日余裕もなくて、子どもたち二人をワンオペで見る一日は本当に大変で、怒ってばかりです。
今日は、イライラして理不尽に怒鳴ってしまいました。
時々息が詰まりそうになります。
私なんて育児には向いていない、もともと子供は好きではなかった。一人になりたい。そんな思いに駆られるときもあります。
 
この詩をたまたま拝見して、泣いてしまいました。
明日からはもっと笑顔で子どもたちに向き合えますように。

Momful編集部

なおこさん、お手紙ありがとうございます。
 
家でお仕事しながらご兄弟の育児、毎日お疲れ様です。
私も一緒で、子どもが好きじゃなくて子育てにむいてない人間で、5学年差の子どもをワンオペで育てています。
歳の差兄弟って楽だと思われがちですが、実際は全くそんなことなくて、その年の差なりの悩みがたっくさんありますよね。
今は2人とも小学生になり、長男は春から中学生。がむしゃらに子どもと向き合ってきました。
思い返すと数年前の私と今の私、思いや考え方が変わっています。
子どもと同じようで成長しているんだなと実感しました。
親も成長するようです。
 
なおこさんは今も一生懸命子育てをしていると思いますよ。ご自分の現状をわかっていらっしゃると思います。
 
今はまだお子さん達が小さくてとても大変だと思いますし、毎日バタバタで自分の時間なんてないかもしれませんが、ほんの少しでも自分へのご褒美時間を作ってあげて、ほっとできる時間がうまれればいいなと思います。
 
またいつでもマムフルを覗きにきてくださいね。

2022.03.01 まな さん

時々イライラして怒って、抑えがきかなくなって我慢ができなくなると、手をあげてしまう自分が嫌になります。
叩いちゃいけないと思っても、手が出る自分がホントに嫌です。
大声を出して怒る自分も嫌です。
 
近くに頼れる人がいるわけでもないし、両親は遠いし、旦那は仕事で忙しくてワンオペ状態です。
自分も仕事してるし、家事だって頑張ってるし、こんなに子育ても頑張ってるのに。
子育てが辛くて、辛くて、どうしたらいいか自分でもわからなくなります。
ストレスで時々胃の不調もあったり、時々布団にこもって泣くこともあったり、心も体もボロボロです。

Momful編集部

まなさん、お手紙ありがとうございます。
 
何が一番本当に大事か、何をしたいか考えているのに、自分の思いとは裏腹に、思うようにできず負のループにはまってしまう…。
子育ては頑張っても誰も評価してくれないし、とても辛いと思います。
 
子育ては自分ひとりで抱え込むと、中々うまくいかないですよね。
子どもは親が育てるものですが、その中でも友達、支援センターなどの先生、相談員、もろもろとの関わり合いの中で、うまくいくものだったんじゃないかと思います。
働いていれば頼れる時間がないのも現状かもしれませんが、人と話したり聞いてもらったりするだけでもメンタルが安定したり。
私はそうするしかなくなり、相談にいっていました。
自分でSOSを出さなければ、子どもも自分のことも守れません。
マムフルのお便りの場もその一つだと思います。
他のママたちもこんなに悩んでるんだと、自分だけじゃないんだと思えたり。
 
無理せず頑張りすぎず、子どもはもちろんママのことも労ってあげてくださいね。

2022.02.24 ぽんた さん

主人が単身赴任でワンオペです。
 
職場では管理職なので、なかなか業務量も多いです。
最近は悪天候が続き、心身ともに疲労困憊です。主人に話したら仕事辞めるかと言われました。
そういう意味じゃないのに全然相談にのってくれません。
 
たまに帰ってきたとき、私が残業で遅くなるとかなり不機嫌です。
誰にも何も言えなくなりました。もうどうしたら良いかわからずず、気づいたらごめんなさいとばかり言っている自分にも泣けてきました。
この詩を読んで少し心が救われました。
また明日から頑張ります。

Momful編集部

ぽんたさん、子育てと仕事の両立は想像以上に心もカラダも疲弊させるものです。
私も長女を出産したころはぽんたさんと同じような状況でした。
主人は協力的ではありましたが、お互い仕事が忙しかったので「どっちが仕事辞める?」という話にまで発展しました。
私の場合は正社員ではなくフリーでもできる仕事だったので、今までのキャリアはいったん捨て、働き方を変えたことで、改善されましたが。
 
今しかない、今しかできないことは何か、自分にとって仕事とはどんな存在でどんな意味を持つのか。
様々な方向から冷静に考えて、今の状況を少しでも改善できるといいですね。

2022.01.27 ぽろぽろ さん

3歳と0歳の姉妹の母です。
コロナの登園自粛がほぼ半月あり、慣れない二人ワンオペにクタクタになっていました。
 
必要な外出にも、公園にでさえ、ビクビクしながら外出する日々、常に賑やかで落ち着きのない娘達。
1日中一緒にいれて幸せなことなはずのに、忙しくもないはずなのに、毎日疲れたばかり言ってしまいます。
 
隣の家にも3歳0歳ママがおり、今朝顔を合わせました。そのママは毎朝公園に行き、規則正しく生活されているようにみえます。
私達は病院受診のためバタバタと走って出かける反面、その子は「公園行ってくるね〜」と愛嬌よくにっこり。
 
自分の余裕のなさに、情けなくなり、娘達の1つ1つに批判的にしか反応できなくなってしまいました。
 
人は人、と分かっていても、比べてしまい、また自己嫌悪。
この詩をみて、少し気持ちが落ち着きました。
少し優しくなれそうな気がします。
また辛くなったら見に来たいです。

Momful編集部

1番目が離せない時期の娘さんを1人で育てるのはとっても大変なことです。
そんな時にコロナが流行り、生活がいっぺんしして早2年。
本当にお疲れ様です。
 
私も思います。箱の中(家)に閉じ込められて、休みの日は朝からご飯掃除洗濯、気付いたらお昼ご飯、洗い物を済ませ、ひと段落したら夕飯のことを考えて、合間に子どもの相手、家事永遠…。
平日は受診や相談機関に通ったり仕事をしたり。
本当にこれを穏やかなな気持ちで過ごせるママがいるなら、教えて欲しいですよね(笑)。
 
私の勝手な解釈ですが、隣のおうちは家の中ではどうなのかわかりませんよね。
ぽろぽろさんがまるで悩みだなんて思ってないことで、頭を抱えているかもしれません。
 
やっぱり人って、外から見ても分からないんです。
公園に毎朝連れていくママがステキなんて誰が決めたんでしょう。
私はそうは思わないですよ。
 
今はとても大変で前向きになれないかもしれません。
けれどぽろぽろさんの、その一生懸命な気持ちと頑張ってる姿は、いずれ子どもの目に焼き付きます。
子どもはいつでもずっとずっと、ママの味方だと思います。優しくなれない時もあっても大丈夫なんです。
 
子どもの目を見つめてみてください。
毎日安全過ごせているだけで、十分頑張ってると私は思います^^

2022.01.21 YUKI さん

3歳9ヶ月女の子のママです。
 
娘が本当にしっかり者で、今まで手もかからず、魔の2歳児と言われた時期もイヤイヤ期も何事もなくすぎて、お箸もトイレもすんなり出来るようになりました。
 
でも今でも保育園、幼稚園に通っておらず、私自身1人の時間がなく、朝起きてから寝るまで常に2人きり。
主人は言えばやってくれますが、進んで色々してくれるタイプでもなく、専業主婦の私が頼めないとも思い、1人で抱え込んでしまいます。
こんなに手のかからない、聞き分けのいい子なのに、たまにわがままを言うと怒ってしまい、余裕のない自分に腹立たしくなって、娘を怒ったあと、1人泣くこともよくありました。
 
そんな時にこの詩を読んで、思い出して、
今を大事にしよう、また明日も仲良く過ごそうと、思えました。
今のこの時期は今しかない、どんどん成長していつかは、私たちの元を離れていく。
その時までたくさんの愛情と思い出を残したいと思いました。

Momful編集部

YUKIさん、お便りありがとうございます。
 
わが娘もほとんど手がかからず、小さい頃からまわりに「本当におとなしくていいよねー。ラクだよね」と言われていました。
 
でも私にとってはそれがとてもストレスで、なぜうちの子は子どもらしくないんだろう、とか元気がないのかななどと悩んでいました。
「もっと外で走り回ってほしい」…そんな気持ちから娘の行動にイライラしたり、どうでもいいことで怒ってしまったり。  
今振り返るとそれが娘の個性だったと思いますし、成長と共にスポーツが大好きな活発な子になったので、先のことはわからないものです。
 
子どももママも十人十色。
手のかからない聞き分けのいい子だから、ママのストレスがゼロなわけでもなく、手のかからない聞き分けのいい子だって四六時中それをキープしていられるわけでもありませんよね。
 
イライラしたって、余裕がなくなって怒ったって、泣いたっていいんです。
それが自然な姿です。
 
大切なのはきっとYUKIさんのように、そのあとで今を大事にしよう、また明日も仲良く過ごそうと思えることですね。

2022.01.12 けい さん

この詩に再び出会いました。
私は小3、4歳、2歳の母です。
仕事は休業中で、コロナの時代に家で、1人で子どもたちの面倒をみていると、本当に疲れてしまいます。
また涙が出ました。
でも救われました。

Momful編集部

コロナ禍で自由にお出かけもできない状況での子育てほど大変なものはないですよね。
お母さんってどこかへフラっと出かけることも、子どもをおいていくことも許されないような、育児はまるで母親の宿命のように思えてきますよね。
 
もちろんそうなのかもしれないけど、母として、女性としてもっと輝きたい。
結婚して出産をすると気持ちの変化もあり、考え方も変わって、さらに子どもがいると、「こうしなきゃ」と責任感が生まれ…
とにかく思考が子ども中心になってしまいがちです。
 
ましてや自分の思うようにもいかないし、イライラが募っても仕方ありません。
けれど、いつまでもイライラしていると子どもにもそれが伝わって、罪悪感が芽生えて悪循環。
私も1歳の娘がいるので、お気持ちがよくわかります。
 
そんな時に私が家でやっているのは、無理に子どもとの時間を作ろうとしないで、家事を進めてしまうこと。
子どもが話を聞いて欲しそうなときに、家事をしたければ変顔をしたりしてふざけてしまう。
そこで子どもがあわせて変顔をして、それが面白くてこちらまで笑ってしまったり、少しほっとする瞬間が出てくるわけです。
 
そうしたら兄弟同士でふざけあって、その隙に家事をささっと進めたり、家事の手を止め、一緒に遊んでしまったり。
どんな形でもいいと思います。
少しだけ気分転換になるようなことを子どもと交わってしてみるのも楽しいかも。
 
3人も可愛いお子様がいたらきっと楽しい空間になるんだろうなと、想像を膨らませてお返事してしまいました。
いつでもまたこの詩を読みにきてくださいね。

2022.01.10 ちばけん さん

2児の母で、現在3人目を妊娠中です。
 
主人は仕事が忙しく、ほとんど毎日ワンオペで体力的も精神的にも辛いです。
下の子はまだ1歳なのでつい赤ちゃん扱いしてしまい、上の子ばかり怒ってしまいます。
自分に余裕がなさすぎて、少しのことで怒ってしまい、自己嫌悪で母親失格だと、夜になると1人泣いてばかりです。
 
実家も遠く頼れず、近くに友達もいないので孤独な毎日です。
私自身が小さい頃から親にも甘えるのが苦手だったため、大人になった今でも主人にすら本音で甘えたり、頼ることができません。
自分1人でいっぱいいっぱいになって、泣いてばかりで辛いです。
 
子どもは可愛くて仕方ないはずなのに、怒ってばかりだし、母親として何もできていない気がして逃げ出したくなります。
 
この詩を読んで涙が止まらなくなりました。
いつか大切だったと思えるこの時間をもっと大切に過ごさなきゃですね。

Momful編集部

ちばけんさん、お手紙ありがとうございます。
 
状況が全く同じで、お手紙を読んで共感することばかりでした。
実家が遠いと帰るにしても、子どもがいるし…と億劫になってしまったり、自分が頑張れば大丈夫と自分に無理をかけてしまいますよね。
旦那さんにたまにはお話を聞いてほしいと思っても、旦那さんも仕事で疲れているだろうとか、言ってもわかってもらえないなんて、自分の中で悪い方向に考えてしまうことも。
 
育児をしていると誰かにSOSを出したくなるもの。お便りをみていると自分だけじゃないんだなと感じます。
 
ここまで頑張ってきていることは、実家にいるご家族もわかっていると思います。
あるいは、頼ることができなかったちばけんさんは、我慢強いから大丈夫と見守ってくださっているのかもしれません。
ちばけんさんの想いを伝えた時に初めて気持ちをわかってもらえるかもしれません。
 
私も両家の実家が遠くて頼ることもできず、転勤族で友達もいないことで、辛い時期もありましたが、少しの勇気で状況を変えることができました。
近しいひとに頼りづらいときは、近くの支援センターに行って子どもを遊ばせながら先生とお話して気分転換をしたり、そこで少しお話ができるママに出会ったり。
ほんのすこし自分からアプローチをすることで心がすっと軽くなれました。
 
自分の思い通りにいかないのが育児。
けれどお母さんの身体も大切です。また辛くなったらいつでもマムフルを覗きにきてくださいね。

2021.12.07 のん さん

1歳と3ヶ月の男の子ママです。
旦那はあんまり家の事もしてくれず面倒もあまり見てくれません。
1人で家事に育児にするのを疲れました。
子どもが泣いたりすると怒鳴ってしまったりしてしまいます。 ダメなママです

Momful編集部

のんさん、お手紙ありがとうございます。
 
1人で頑張ろうとしているのんさん、ダメなままなんかじゃないですよ!
それだけ子どもとしっかり向き合おうとしている証拠だと思います。
 
私もなかなか育児に慣れず、旦那さんに頼りたくなっても頼れなくて辛い思いをしたことがありました。
言ってもわかってもらえないと思い込んでしまったり、そのうち不満がどんどん積み重なってしまいました。
 
1人の時間を作るのが難しかったら、家族で少し遠出をしてみると、景色に癒されたり、旦那様と自然とお話できたり、リフレッシュできるかもしれません。
 
時にはベビーフードやお惣菜にして手抜きしたり、何曜日はお家ぐちゃぐちゃ!なんてこともあっていいと思います。
子どもが小さいうちは、何でも完璧にこなしたくなってしまいますが、たまにはのんさん自身の身体も労わってあげてくださいね。
 
様々なことを試してみて、少しでものんさんの気持ちが幸せに向いてくれたら嬉しいです!

2021.08.27 さわえ さん

素敵な詩をありがとうございました。
コロナ禍の夏休み、娘の新学期の分散登園、毎日の兄妹喧嘩……ぽっきりと今日心が折れてしまい、我ながら茫然としてしまいました。
 
土日もワンオペ、トイレまで話しかけにくる子ども達に、数分でもいいから一人にしてほしいと何度心の中で祈ったか知れません。
預ける場所もなく、連れて行ってあげれるのは公園くらい(しかし暑い)。
毎日毎日土日もなく3食何にするか考え、ただひたすら早く寝かせて、一分でも遅く起きてもらうことを祈る日々。
 
兄妹喧嘩に口を挟み、さらなる惨事を引き起こす夫。
疲れた。一人になりたい。
一人で音楽を聴きたい、綺麗に片付いた部屋で好きな本を読みたい。
夜中に、子ども達のお腹出てないかとか心配せずに朝まで寝たい。
そう思っていました。
多分また思います。
 
でもこの詩のおかげで、少し頑張れそうです。
頑張れないかもしれないけど、深呼吸出来そうです。
 
ありがとうございました。

Momful編集部

さわえさん、お手紙ありがとうございます。
さわえさんも大変な時間を過ごされていますね。
ただでさえ育児は幸せだけではないのに、なぜこんな状況を乗り越えないといけないのか。
答えが見つからないまま毎日を精一杯生きていくしかなく、本当にたくさんのママ達が悩んでいると思います。
 
兄妹喧嘩も注意して終わればいいですが、本当に思い通りにいかないですよね…。
自分の子どもなのに、どうしてこんなに兄妹でぶつかるのか、私もよく悩みます。
 
誰もが予想できない、こんな時代に生きてくことになり、辛い日々が続いていると思いますが、この詩に出会い、少しでも心穏やかになっていただけてよかったです。
 
またつまずいてもいいと思います。
頑張れない日があってもいいんです。
それでも誰よりも子ども達を理解してるのは、さわえさんなはずです。
そして、お子さん達も愛情を感じているから、のびのび過ごしているんでしょうね。
 
いつか、「コロナ禍でこんなに大変な時があったんだよ」と笑って話せる日がきますように。
またいつでも覗きにきてくだいさいね。

2021.05.20 ぴーすけ さん

私は、3人育児してます。
旦那が単身赴任で、ワンオペです。
鬱になりかかっています。
そんな時この詩に出会いました。
 
さっきも、宿題を何時間かけてもやらない長男絶賛反抗期中で、何しても言い返してくることにイライラ。
 
真ん中はママっこで何するのも、「ママがここにきて」「ママあれとって」「一緒に遊ぼう」。
 
1番下はまだ3歳だけど、授乳してるので、おっぱいからなかなか離れないしイヤイヤ期…。
 
ほんとに、疲れて泣けてきて…。
でも1人寂しくなる時が来るんですよね…。
 
あの時はもっと笑顔で過ごしてあげたかったと後悔してしまいそうなので…頑張ります。

Momful編集部

ぴーすけさんお手紙ありがとうございます。
3人のワンオペ、毎日お疲れ様です。
 
子どもが大きくなれば少し楽になると思われがちですが、それは違いますよね。
大きくなったら下の子達と違う、新たな悩みがまた一つ増えるので、その葛藤もあってさらに疲弊する…。
 
ぴーすけさんは今、三者三様の育児をしてらっしゃるんですもんね。
毎日リセットできるものがなければ、イライラが募って自分をコントロールできなくなることもあると思います。
 
子育ての大変さは中々周りが気付くことができず、自ら人に話すのも勇気がいります。
今、ご自分でどの程度まできているか(鬱っぽいなど)理解できているうちに、少しでも対処できるものがあればいいなと思います。
 
今は住んでいる市町村に、それぞれ子育て相談窓口があります。
関わりずらいいイメージがあるかもしかませんが、相談している人はとっても多いです。
 
あえて全く知らない他人に話を聞いてもらうのも話やすくていいかもしれません(私も利用して助けてもらったことがあります)。
 
山梨では子育て相談総合(愛称かるがも)でも受け付けています。
 
また甲府ですと、心療内科に併設された気軽に利用できる『心療内科併設のカフェ!家でも職場でもない、第3の居場所に…』があったりします。
 
子育ては長く続きます。
毎日を無事に過ごせることが大事です。
 
少し気を抜きながら、たまには自分にご褒美したり、息抜きをしてあげてくださいね。

2021.05.20 さち さん

旦那はいても全く育児に協力してくれず、子どもにイライラして怒鳴り、後悔して子どもと一緒に泣いていました。
でも、この詩をよんで本当にかけがえのない時間なんだなと、明日も頑張ろうと思えました。

Momful編集部

さちさん、お手紙ありがとうございます。
 
男性は育児に協力するという考えがある人のほうが少ないかもしれません。。
話してみて気づいたり困っている内容を伝えないと分からないパターンもよくありますよね。
 
1人で背負うことは自分を追い詰めることになり辛くなるかもしれません…。
子どものことはもちろん、さちさんの体もとても大事です。
無理せずストレスをためすぎないように過ごしてくださいね。

2021.04.30 ゆめ さん

3歳と1歳姉妹をワンオペで育てています。
 
もう疲れ果てて何もする気が起きない夕方、「育児疲れた」でネット検索していたらこの詩にたどり着きました。
 
子どもがいる前でも堪えきれず号泣しました。
まさに、こんな余裕のない毎日が、ぐちゃぐちゃな部屋が、ボロボロの自分がずっと続く気がしていました。
 
でも、見方を変えれば、こんなにも愛しい毎日を子どもたちは与えてくれてるんだなと思うと、胸が締め付けられました。
 
最近すぐイライラするし怒ってばかりでしたが、こんなにも今が貴重であり、子どもたちは愛しいものだと改めて思い出すことが出来ました。
 
これからたくさん抱っこして、甘えさせてあげたいと思います。
また家事育児に疲れたら読ませて頂きます。
 
ありがとうございました。

Momful編集部

ゆめさんの気持ち、本当によくわかります…。
 
慌ただしい毎日の積み重ねと、終わりのないように見える子育てに、体力的にも精神的にも疲弊してしまう。
うまく手が抜けるといいのだけど、家の掃除だって料理だって洗濯物だって、きちんと余裕持ってしたいのにできない。
こんなはずじゃないと、自分で自分を追い詰めてしまう。
 
思い返せば、私もそんな日々を送っていました。
その渦中にいれば、何年後かの手が離れて寂しがっている自分なんて、想像もつかないし、想像している暇だってなかったです。
 
ゆめさんはそんな中でも気づき、気持ちをリセットできて素晴らしいと思います。
 
そうはいっても、子育ては長い長い道のりです。
まだまだ先があります(笑)。
あまり頑張りすぎず、少しでも手抜きして、時々自分をラクに解放してあげてくださいね。

2021.04.12 ゆんちゃん さん

7歳・4歳・2歳の母です。
 
過酷なワンオペ
フルタイムのパートとの両立
すべてを嫌いになるほどの旦那の金銭感覚、家事皆無、自己優先、
子どもに当たり散らす日々
体調が悪くても休めない毎日
寝顔に謝る毎日
明日への不安
 
でも この詩を読んで
旦那さんに 支えてくれる周りの人に
職場の人に 子ども達に感謝をして
明日からも頑張ろうと思えました
 
この気持ちで、怒りも少しコントロールできるようになったと思います
 
ありがとうございました

Momful編集部

ゆんちゃんさん、お手紙ありがとうございます。
 
大変な毎日を過ごされていますね…。
お疲れ様です。
 
この詩をよんで頑張れとは言いません。
ゆんちゃんさんのメンタルも体も、子どもと同じくらい大事なものです。
後ろ向きな話はなかなか外には話せないもの。
子育てや、生活についての相談窓口が今はどこの地域にもありますから、本当に辛くなった時はそういうものも、前向きに利用していいと思います。^^
私も利用しました。
 
少しでも気分が楽になったり、ちょっと考える視点が変わったり、ゆんちゃんさんの人生がホッとできるものになるかもしれません。
 
県内には誰でも気軽に利用できる心療内科併設のカフェ!家でも職場でもない、第3の居場所に…もあります。
 
また辛くなったらいつでもマムフルを覗きにきてくださいね。

2021.02.26 なっちゃんママ さん

2歳、3歳の年子育児中ママです。
我が家は不妊治療を経て2人の子どもをもうけました。
念願の子どもだったので産後はつらい気持ちがさほどなく、どちらかというと産後ハイの時期が長く楽しく子育てしていたタイプでした。
 
が、どんどん子どもたちが成長してきて今2歳と3歳。
週5日は2人それぞれを別の保育園へ送迎して仕事し、夜はほぼワンオペで育児中です。
 
正直、疲弊していて、夫との口論も増えました。
どんなに分担してほしい気持ちを訴えても、私が育児のほとんどを担っていることに心からの感謝をされているようには思えず、夫への不満が募るばかり。
そんな自分への自己嫌悪もあって今精神状態はまずいなと思っていたときに詩を読ませていただきました。
 
納得、共感、今しかない時間への尊さ、号泣しながらやさしい気持ちを思い出すことができていました。
 
自分の子育てこれで大丈夫かなとか、つい他のご家庭と比べてしまったりとかして自信をなくしていたのですが、救われました。
 
今わたしがツライツライと感じている時間は今しか一緒にいられない、今しか味わえない貴重な時間なんですよね。
手のひらに刻んでおきたいくらいに(笑)意識しておこうと思いました。
 
きっと、今が人生で1番幸せな時だと思いたい!
夫はこんな可愛い子どもたちと過ごせる時間が少なくて、かわいそうと思えてきます。
 
不妊治療していた頃に、わたしが親だったらこうしてあげたい、あんな風に子育てしたいと想像していたことも思い出しました。
子育て、やりたかったはずなのにこんなふうにツライ気持ちでいっぱいになっていたわたし、ちょっと疲れすぎていたのかも知れません。
 
大切なことを思い出させていただき、本当に救われました。
ありがとうございました!

Momful編集部

なっちゃんママさんお手紙ありがとうございます。
 
子育てはその都度新たな大変さがでてきますが、2~3歳になると動きも激しくなり、言うこともきかなくなり、辛い子育てだったなと私も記憶に残っています。
 
忙しい朝に2ヵ所に送り届けているとは(;_;)
それは仕事に行く前からもう疲れちゃいますね…
 
今は昔と違って育児家事に参加してくれるパパが増えていますから、更に辛くなるかもしれませんね。
人それぞれですが、理解してもらうのは中々難しかったりするのかもしれません。
 
子どもが1人1人違うように、子育ても様々な形があっていいと思うんです。
なっちゃんママさんのお子さんのことを一番に理解しているのは、なっちゃんママさんです。
周りをあまり気にせず自分の子育てをしていいと思いますよ。
 
毎日の慌しさに、この感情を忘れることもあります。
私なんてこの詩を読んで涙したのに、しょっちゅう吹っ飛びます…。
でもそれが人間!と思って自分を励ましてます。(笑)
 
ママだから完璧なんてことはありませんし、探り探り子育てし続けていいと思います。
なっちゃんママさんのここまでに道のり、思い描いていたものを少しずつ少しずつ形にしていければいいなと、陰ながら応援しています。
 
子育ては辛い!けど子どもはかわいい!
毎日を無事に過ごせるだけで奇跡なんじゃないかなぁと思います。

2021.01.31 サクマックス さん

読ませて戴きました。涙
夜中にこの詩を見つけて号泣しました。
 
3歳と1歳のふたりの息子がいます。
上の子が弟に玩具を貸さなかったり弟のことを叩いたりいじわるしたり、まだまだイヤイヤ続いていて、下の子が生まれてから上の子が可愛く思えなくて、毎日怒ってばかり…。
 
完全ワンオペで自分に全く余裕がなく、最近感情的に怒ることも増えてきてしまって、酷いときには手を上げてしまうことも(T_T)
 
毎晩自己嫌悪で明日からは怒らない!と思ってもまた怒るの繰り返しでした。
息子にも『ママ、怒らないでね。』と言われます。
駄目な母親だなぁと自分のことも嫌になってました。
 
この詩を読んで、この今の時期をもっともっと大事に過ごそう!!!と心から思いました(^^)
ありがとうございました!!!

Momful編集部

「兄弟はケンカするために生まれてきた」とよく聞きます。
 
小さい頃に喧嘩相手がいるというのは、今とても貴重な経験をし学んでいるんだと。
怒りをどのようにおさめるのか、これをしたら相手はどう思うのか、ここまでしていいのか、どうやって仲直りをするのかなど、兄弟だからこそ、学べることがたくさんありますよね。
 
親はケンカしてほしくないと思いますが、それを聞いて私はちょっとしたケンカに目くじらを立てることが少なくなりました。
また注意の仕方、叱り方も変わったような気がします。
 
私もよく「明日からは怒らない!」と思いましたが、それは結局無理!!
せめて怒り方を自分なりに研究しようと、いろんな言葉がけを事前にシミュレーションして準備しておいたものです。
まあまあ効果ありましたよ~。  
今の時期をどうぞ大切に過ごしてくださいね。

2021.01.30 ゆ さん

もうすぐ1歳になる女の子のママです。
生まれた時から本当によく泣く子で、今まで朝までぐっすり眠ったこともないし、最近は本当に自我が強くて、少し気に入らないことがあると狂ったように泣き、夜泣きもひどくなる一方でだいぶ育児がしんどくなってきている所でした。
 
ふとした時に涙が出ているときもあり、出産前は産後鬱とは無縁と思っていた自分が、まさかこんなふうになるとは思ってもいませんでした。
 
あまり協力的ではない夫に何度も訴えましたが、全然改善されず周りの友達の旦那さんと比べては悲しくなり、喧嘩が絶えない日々です。
 
娘のことは可愛くて仕方ないのですが、育児が心から楽しいと思えない自分にも悲しくなります。
一人でこんなに手一杯なのに、育休復帰し、二人目もいずれ欲しいのにやっていけるかと不安ばかりです。

Momful編集部

眠れないのが一番つらいですね…。
もうすぐ1歳というと、まったく理屈は通じないし、まだまだ本能のままですから、疲れたら寝るでしょうと思いきや、本当に寝ないものですよね。
 
旦那様が協力的でない理由は何でしょう。
仕事が忙しい?
我が家も夫の仕事が忙しく、ほとんどワンオペでした。
土日もイベントなどの仕事が入ることが多かったし、平日も接待や飲み会なども当時は多く、イライラしてよくケンカしていました。
 
育休復帰すれば働いているという点で、旦那様と全く同じ状況になるわけで、協力は必須ですよね。
 
よく話し合われるのがいいと思いますが、それも二人の関係性がよくない状況だと難しいですかね。
でも、2人目も考えていらっしゃるなら、一度冷静にお話しされるのがいいと思います。

2021.01.24 さおり さん

2月で4カ月になる男の子がいます。
やっと1日のルーティンが決まってきて自分の時間も作れるかなと思っているところですが、これから歩き回ったりすると、どんどんまた大変な時期が来るんだろうなと思っています。
 
新生児の時になかなか寝れない息子にイライラしたりしていた自分がすでに懐かしい思い出になっています。
 
犬も男の子で飼っていてほぼワンオペなのですが、犬とも遊ばないとかわいそうだし、その間息子を置いておかなければいけないし、どちらにも気を使わないといけない毎日で、そればっかり考えて終わってしまいます。
 
もう少し大きくなれば犬とも遊べるようになるのかなと思いつつ、このまま成長が止まってしまえばいいのに。。。
 
本当にいつまで抱っこさせてくれて、いつまで一緒にお風呂に入ってくれるんだろう、いつまで全力の笑顔を見せてくれるのだろうだ思うと、1日1日を大切に、たくさん息子に笑ってもらおうと思います。

Momful編集部

さおりさんお手紙ありがとうございます。
 
4ヶ月くらいになると、育児に少し慣れひと段落するころですね。
確かに寝返りが始まり、つかまり立ちが始まり、床をきれいにしなければいけなかったり手が届くところに物が置けないなど、その時その時難題がしっかり待ってるんですよね…^^;
 
ワンちゃんも家族の1人。
2人のお世話を1人でやるのは大変だと思います。
息子さんが大きくなればご飯をあげてくれたり、そのうちお散歩にも行ってくれますよ♪
男の子は甘えん坊さんが多いので、意外といつまでもママが好きだったり。
 
今はまだ小さくて先のことは想像できませんが、さおりさんが子どもと向き合い、一生懸命子育てをしていればそれは伝わり、大きくなっても忘れないと思います。
 
これから離乳食も始まりますね。
無理せず子育てをする自分のためにも、たまにはご褒美してあげてくださいね。

2021.01.17 naminami さん

今、トイレで号泣しながら読みました。
現在1歳9ヶ月の息子がいます。
 
私は平日フルタイム勤務、夫はひとりで自営業を営んでおり、祝日のみ休日。
基本ワンオペで、コロナが流行してからは一時保育にも預けづらく、実家や支援センターにも行きづらくなり、とにかく孤独を感じていました。
 
イヤイヤ期も始まり、思い通りにならないと泣き出す、危ないからやめてねと注意したことをわざわざやる息子にイライラし、今日はいつも出さないような大声で叱ってしまいました。
息子も引きつけを起こす勢いで号泣。
 
普段は比較的機嫌もよく笑顔でたくさん話しかけてくれる、可愛い息子なのに。
なぜうまくやれないんだろう?他の人ならもっと大事にできるんじゃないか。
そんなふうに、たまに感情が爆発する度に落ち込み、でも放棄できるものではないと自分で尻を叩き、いつもギリギリの気持ちを保ってきました。
 
この時間が、この時期が、ずっと続く訳ではないと、今までも自分に言い聞かせて気持ちを切り替えてきたつもりです。
でも今日はできませんでした。
頭では理解できても、心の底では理解できていなかったのだと思います。
 
これからはこの詩をたまに読み返して、少しずつ成長していきたいと思いました。

Momful編集部

naminamiさんお手紙ありがとうございます。
子どもが小さくワンオペフルタイムは正直きついですよね…。
 
ちょうどイヤイヤ期なのであれば、仕事で疲れて、子どもといて疲れての繰り返し…発散できないまま蓄積されていると思います。
naminamiさんのように取り乱すこともあると思いますし、イライラして当然です…。
かといって、じゃぁどうするのか、解決できないのも辛いですよね。
 
私もワンオペで辛い時期があり、子育てなんてあっという間とよく言われました。
naminamiさんと同様理解はできましたが、行動はまた別だと思います。
子どもが小学校高学年になりましたが、未だに自分の子育てが正解だったのか分かりませんし、この先答えもでないと思います。
 
ママであっても人間です。
感情があり、限界があり、間違えも起こします。
それを後悔して次に繋がったり活かせなかったりするのが育児なのだと思います。
 
自分にも子どもにも完璧は求めず、少し肩の力を抜いて、辛くなったら深呼吸をたくさんしてください。
naminamiさんは十分頑張っておられますよ。
ママになって1歳9ヶ月。
 
自分を責めずに、頑張っているご自身をたまには褒めてあげてください!!

2021.01.12 littleboy-mama さん

生後10ヵ月の男の子を育てている新米ママです。
産まれてから3ヵ月は可愛いも正直分からないまま、3ヵ月から6ヵ月はおっぱいトラブルに悩み、6ヵ月から9ヵ月はやっと可愛いと思える余裕が出て来たのに、今は、夜泣きに悩まされています。
 
コロナ禍で支援センターなどに出かけることもできず、相談できる人がいない中、ワンオペ育児で何度もくじけそうになっていました。
初めてこちらのページを見させていただき、こちらの詩を知りました。
泣きました。刺さりました。
夜泣きや後追いでイライラしてしまうけれど、それも仕方ないことと割り切って、これも思い出になると思って、今を乗り越えていこうと思えました。
 
10ヵ月の息子との今を大切にしていきたいと思いました。
ありがとうございました。頑張ります。

Momful編集部

ママだって、今までママになったことがないわけですから、子どもと同い年ってことなんですよ~。
まだママ10ヶ月…わからないことだらけで、不安になったりイライラしたり…当たり前だと思います。
余裕なんてなかなかもてるものじゃないですよね。
 
特にコロナ禍で外出もままならないし、ほかの人と会ったりもできない状況での育児は、本当に大変だと思います。
お子様と一緒にお昼寝したり、時には寝ている間に自分の好きなことをしてリフレッシュしたり。
育児期間はまだまだ長く、これからもっともっと大変な時期に入ると思います。
すべて終わりが来ることですが、そんな先のことは考えられない日もあると思うで、家事は手抜きしてでも、できるだけ息抜きしてくださいね。

2021.01.11 さんさん さん

ママの毎日。を読みました。涙が出ました。
私は、ワンオペ1人目の育児が地獄だったあの感覚を覚えています。
今はもう中学生になった娘。
やっとかわいい。と思えるようになりました。
あの癇癪も私へのSOSだったんだ。と今なら思います。
だけど、あの時の私には余裕なんてなくて、仕事と生活の毎日に必死で娘のことを見ていなかったのだと思います。私も一生懸命でした。
 
今、小学1年生の息子と中学1年生の娘を育てています。
相変わらず、手取り足取りの子育てはしていませんが、子どもを信頼して、比較的自由にさせています。
子育てを通じて、自分で自分を信頼することを学ばせてもらっている毎日です。
今、私はとっても幸せです。

Momful編集部

本当にそうですね。
私も今高校3年生と中学3年生の子どもがいますが、小さいころのような密着感はありませんが、その分頼りになる存在になりました。子育ての大変さは、子どもの成長とともに変わってきますよね。
 
子育てを通じて、自分で自分を信頼することを学ばせてもらっている毎日…。とても素敵ですね。
さんさんさんが真摯にお子さまと向き合い、一生懸命子育てしてきた証だと思います。
私も見習い、これからも頑張っていきたいと思います。
 
ありがとうございました。

2021.01.06 太陽 さん

いま2歳の子供を育てています。
夫は長期でおらず、子どもも自我が出始めついイライラしてしまい、自己嫌悪の日々です。
 
ずっとメガネをとられていて、これは見えなくて困るから辞めてねと言い続けていましたが、今日は壊れてしまい、強めに怒ってしまいました。子どもも今までにないくらい大泣き。
余裕があれば「しょうがないか」で終われたのに、今日はプツンと切れてしまいました。
そんな時にこちらを発見。涙が出ました。
子育てが辛くなったら読みにきます。

Momful編集部

太陽さん、お手紙ありがとうございます。
 
2歳はちょうど手がかかる時、おひとりで向き合うのは大変な時期ですよね??
好奇心旺盛になってきて、おもちゃよりメガネや大事なものが狙われることも多々ありますよね…。
確かに余裕があれば「しょうがない」で終われるものかもしれません。
ですが育児は毎日大事な命と向き合い、気が張り詰めている状態なはずです。
その中で自分の目と同じくらい大事なメガネを壊されてしまったら、私は怒り爆発してしまうかもしれません^^;
 
ママも人間ですから、人間らしく生きていいと思います。
泣いたり怒ったりしていいと思います。
子育ては長いですから、毎日少し気をぬいて過ごしてくださいね。
また辛くなったらいつでも見に来てください。

2021.01.04 のまむ さん

10ヶ月の娘を育てています。
東京から東北へ嫁いで2年。さらにこんなご時世で気軽に実家に帰れず、知らない土地で帰りの遅い主人なので、ほぼワンオペで子育てしています。
正月に主人の実家へ泊まらせて頂いたのですが、数日前に一歳の子どもがいる義妹家族も泊まって、うちより規則正しい生活をしているのですが、義母から頂いた年賀状に「子ども中心の生活をたのしみましょう」と書いてありました。
21時には布団に入れ、自分のやりたいことや一息つきたいのに娘に合わせて諦めて、私なりに娘中心をしてきたつもりなのに、それを読んで自分の中の何かが切れてしまい、ぐずっている娘に初めてツラく当たってしまいました。
こちらに来て、この文を読んで涙が流れて当たってしまったことに後悔しています。

Momful編集部

私も神奈川から山梨に嫁ぎ、友達も知り合いも全くいない中での育児期間でした。
主人の仕事も忙しく、今のようにイクメンパパも少ない時代だったので、ワンオペが当たり前。
そんな中で心の支えになるのは、「頑張っているね」とか「いつもありがとう」という自分御認めてくれる言葉ですよね。
それなのに、心ない何気ないひと言…今まで一生懸命限界までピンと張っていたものが切れてしまう気持ち、よくわかります。
 
でも、ママの頑張りを一番認め、分かってくれているのは娘さんに違いありません。
まだまだ10ヶ月と小さいですが、本能でしっかりママの愛は伝わっていますよ!

2020.12.30 べあーちゃん さん

2歳3ヶ月の息子と年明けに出産を控えている臨月ママです。
最近思うように体が動かず、少し歩いただけでもお腹も張る中、息子は元気に暴れ回る毎日。やんちゃで手に負えず、主人の仕事はブラックで今日も仕事。ほとんどワンオペで私の怒る回数も増え、よく涙する息子。
遅めの昼寝をした息子の横で検索してたら、こちらに出会いました。
毎日毎日寝顔見て反省しての繰り返しで息が詰まっていた今、溜めていたものが溢れたかのように涙が止まりません。

Momful編集部

臨月なのにワンオペ育児…。しかも2歳の男の子となると、まさにやんちゃ盛りですよね。
気が遠くなりそうな毎日は年末年始も関係ありませんね。産まれてからも、ご主人の協力をあまり期待できないとなると、さらに大変な毎日が続くかもしれません。
たとえこれが有限な時間だとしても、耐えられないこともあるでしょう。
そんな時は、自分に対して甘くなること。よくやっていると、自分を褒めてあげてセルフハグ。いい加減がよい加減といいます。
お子様の誕生で幸せも倍増するはず!力を抜いて、乗り切ってくださいね。

2020.12.29 うさまま さん

4歳の息子、1歳の娘のママです。
息子の幼稚園も冬休みになり、2人育児をワンオペでしていて生理中だったこともあり、身も心もくたくたでした。
1歳の娘はやんちゃ盛りで目が離せず、4歳の息子も機嫌が悪くなると手に負えず2人が同時に泣き叫んでる時間はこっちが消えてしまいたいくらいです。
可愛くて大好きな2人なんですけど、私もキャパオーバーになるとプツンとキレてしまい怒鳴ってしまったり…反省する毎日です。
こちらの詩を前にもお見かけしました。また改めて読むと心が洗われたように、涙が止まりませんでした。
子ども達との時間、全力で楽しみたいと思います。こうやって文で吐き出させてもらいとてもすっきりしました。本当にありがとうございました。

Momful編集部

家族で笑顔で過ごしたいはずの年末年始…。
でもそれは虚像ですよ。ママにとっては1年で一番忙しくて過酷な時間と言っても過言ではありません。
みんなが休んでいたら、誰が掃除するの?誰がご飯作るの?誰が片付けるの?って感じですよね。この時期ばかりはお外も休みだし、コロナだし…家にこもると言うことはママの負担が増えると言うこと!イライラしたり、怒ってしまうのは仕方ないと思います。とはいえ、ご自分にとってもお休みの期間なのですから、できるだけ手抜きして、ズボラを自分自身が許してあげちゃいましょう。
いつでもストレス発散に、こちらをのぞきに来てください!

2020.12.16 おだんごママ さん

7歳と2歳の男児母です。毎日毎日同じことを何度も何度も注意しても、聞いてるんだか聞いてないんだか…旦那は仕事が忙しくいつも帰りが遅い上に、コロナのせいでさらに仕事…。休みの日も家で仕事をしていて、育児の悩みや愚痴なんて話せない。私も病院で仕事をしていて、コロナに疲れているのか人間に疲れてるのか…そんな中のワンオペ育児。
誰も私を助けてくれない、優しくしてくれない、労ってくれない…それでも我が子は可愛い。
 
言うことを聞かなくて怒ることもあるけど、我が子を可愛いと思えるウチはいい。でも、それすらを感じる余裕もなくなる時があります。我が子に苛立ち、どうしようもなく気持ちを抑えることができない自分に苛立ち…そんな自分に泣けてきて、仕事から帰ったらちゃんと謝ろう。謝ってきちんと話をして抱きしめよう!そう思いながら、きっとまた同じことを繰り返す毎日…。
この大変な日々も、可愛いと抱きしめられるのも、一生のうちのほんの短い期間だとわかっていても、どうしようもなく泣きたくなる時があります。
今朝は特にそんな朝でした。そんな朝に出逢ったこの詩。言いようのない気持ちが込み上げて涙が自然と流れてきました。
 
コロナのせいで、コロナに振り回されて人の気持ちを思いやれなくなってる人のせいで、自分の心まで病みそうな毎日だけど、愛する我が子のことをたくさんたくさん抱きしめて、怒って、笑って…。 子ども達にとって自慢のママになりたいと思える詩に出会えた気がします。

Momful編集部

おだんごママさん。お手紙を読んで、私も涙があふれてきました。
わかってる、みんなわかってるんです。でも時に自分の感情も体もいうことをきかなくて、制御不能になることがある。そしてそんな未熟な自分を責めてしまう。そんな繰り返しの毎日に疲れ果て、逃げ出したくなる。仕事に家事に育児。どれも手を抜いているわけじゃないし、精いっぱいやってる。なのに、どれに対しても達成感が得られず、疲労だけがたまっていく…。子どもが小さい頃は常に危ういバランスを保ちながら、綱渡りの毎日だったような気がします。
 
それでもここまで来られたのは、小さな喜びや幸せを見逃さなかったからかもしれません。子どもの寝顔を見て、明日は笑顔のままでいようと思ったり、子どもの笑顔にほっと癒されたり。この詩との出会いもそのひとつかもしれませんね。
 
あまり上を見すぎず、今のままの自分を受け入れ、ささやかな幸せに癒されますように。

2020.12.13 もうすぐ2歳の男の子のママです。 さん

夫が半年ほど仕事で不在のため、ワンオペをしています。
来年の1月中旬に帰ってきます。
 
7月からワンオペしているのですが、実家は徒歩20分くらいなのですが逆にストレスを感じます。
「私は双子だったからもっと大変だった」などと、とにかく自分の方が大変だったアピールがすごいので相談相手にもならないですし、助けを求めたいとも思いません。
自己都合で息子に会いに来たりするので迷惑だったりします。
 
何かしてあげたという恩着せがましいところもあり、余計にストレスを感じています。
息子は、おしゃぶりが止められず全くと言ってもいいほど喋らないため、それも私のせいにされます。
 
私だって毎日、向き合って苦しい思いをしてるのに..
 
母乳を諦めたときも散々言われました。
私だって好きでミルクを選んだわけじゃないんです..。たくさん泣いて苦渋の決断でした。
そのお陰か?ミルクだと夫も育児に参加しやすいのか、息子の世話をしてくれていました。
 
長くなりましたが、この詩を読んで毎日死ぬことばかりを考えていた私に少し光が見えた気がしました。
体調も思わしくない中、子育てをしているとメンタルがやられ、心ない言葉(相手が悪気がない場合も余計に傷つきます)を受けると、自分を追い詰めてしまいます。
 
息子にも強い言葉や行動に出て、「母親になるべきじゃなかったのではないか。でも産んだのだから育てないと!」と自責し、毎日、数珠繋ぎな思いです。

Momful編集部

親子だと遠慮もないし、かえって実家がすごく頼りにならない場合もありますよね。
また、親の時代の育児とだいぶ変わってきていることもあるので、相容れない部分もあるかと思います。
 
私は母乳がすごく出たのに、子どもが飲んでくれませんでした。
母乳外来に通ったり、様々な方法を試しましたがダメで、結局ミルクにしました。
そんな時に「母乳が一番いいのよね」と言われて、本当にメンタルがやられ、「飲みなさい!!」と赤ちゃんに向かって泣きながら怒ったのを覚えています。
 
ほとんどミルクONLYで育った娘は今、健康優良児で風邪ひとつひかないし、体格もいいです。
今思うと、母乳でもミルクでも関係なく、栄養はしっかりとれてちゃんと育つんですよね。
 
育児中はとかく視野が狭く、こうでなければいけないと思い込みがちです。
疲れているせいか、心も弱くなり、ちょっとした言葉で傷ついてしまう。
とにかく寝るのが一番だけど、なかなかそれもままならないですよね。
 
身内よりも公共の相談窓口などのほうが、お互いをよく知らないぶん、話しやすい場合もあります。
今コロナの影響で人数制限している子育て支援センターなども、電話での相談は随時受け付けていたりします。
 
解決にはならないかもしれませんが、そういったものを利用するのも、気持ちをリセットするきっかけになってくれるかもしれません。

2020.12.13 ゆゆゆっちん さん

私は4歳と3歳の男の子のママです。
旦那は基本土日は仕事で、年末年始などの繁忙期も仕事です。
平日も朝から夜、子どもが寝る頃に帰ってくるため、私が毎日ワンオペで子どもと向き合っています。
 
今日、長男がずっと欲しがっていたCDがあり、クリスマスプレゼントにと買ったのですが、買って3時間そこそこでケースを壊してしまいました…。
よくよく考えたらケースごときでと思うのですが、いろいろなイライラが溜まり、一方的に怒ってしまい、反省しているところにこちらの詩を見つけました。
1人でお昼寝してしまったので、起きたらごめんねをして、抱きしめてあげたいと思います。

Momful編集部

ゆゆゆっちんさん、お手紙ありがとうございます!
連日のワンオペ、本当にお疲れ様です!!
おひとりでふたりの男の子のお世話だなんて、きっと毎日心も体もクタクタでいらっしゃいますよね…。
 
ゆゆゆっちんさんが一方的に怒ってしまったお気持ち、よくわかります。
おっしゃる通り、壊れたもの自体はたいしたことないんですけど、子どもの行動の不可解さに怒りと戸惑いが混じった黒い感情がブワッと沸き上がって、「どうしてすぐ悪いことするの!?」と突発的に声を荒らげてしまいますよね。
私も「冷静な時はこんなことで怒ったりしないのに…」と自己嫌悪の毎日です。
 
ママもひとりの人間ですから、感情が先立ってしまうのは仕方ないことだと思います。
お昼寝から息子さんが起きたら“ゴメンね”のハグをしようと思っていらっしゃるゆゆゆっちんさんなら、しっかりと愛情は伝わってると思いますよ!
どうかご自分を責めすぎないでくださいね。

2020.12.12 マメマメ さん

5歳の息子と2歳の娘を育てています。
 
今春から主人が単身赴任で飛行機の距離になり、そこへコロナで帰省もままならずで、毎日些細なことで怒鳴ってしまった後、気持ちの整理がつけられない私に、お構いなしにベッタリ甘えてくる子ども達にさらにイライラが募り、もういっぱいいっぱいです。
 
「もしかして育児ノイローゼ?」とネットを見ていたら、この詩を見つけました。
私も忘れたくない、子どもの「今」をきちんと覚えておこうと思っていたはずなのに…現在の早く開放されたいと思ってしまう余裕のなさに、泣けてきました。
 
きっと私は明日もイライラするでしょう。
でも二つ褒めてあげよう。
そしてごめんねと謝ろう。
明後日もきっとそれを繰り返す。
 
あの頃は余裕なくてさ…と言えるのは大人。子どもは今をどう覚えていくのかな…。

Momful編集部

単身赴任でのワンオペ育児…本当に頭が下がります!!
5歳のやんちゃ時期に、2歳のまだ甘えたいけど自我も出てくる時期となると、本当に大変ですね。
コロナの影響で帰省はもちろん、日々のお出かけもままならないし、気分転換ができにくい状況ですよね。
 
イライラしない、怒らないなんて無理なこと。
マメマメさんのように、でも二つ褒めてあげよう。そしてごめんねと謝ろう。と思えるのは、とても素敵だと思います。
 
子どもは毎日多くのことを吸収し、「今」がどんどん上書きされる生き物。
イライラして怒ってしまっても、また褒めてあげたり、一緒に遊んだり、笑顔に上書きしてあげてくださいね!

2020.12.12 ちーなぎ さん

0歳と2歳の母です。
「一姫二太郎でいいわね、お姉ちゃんが手伝ってくれるでしょ?」とよく言われます。が、実際はまだまだ甘えたい2歳なので、下の子が上の子に近づくと普段嫉妬しているのか叩いたら押したりで目が離せません。
 
上の子と遊ぶ為にも、下の子の怪我防止の為にも、基本的に下の子をおんぶして生活してます。
旦那は朝早く出勤し、夕方帰ってきますが、家のことや子どものことはほとんど何もせず、一人でスマホいじりながらゆっくりお風呂に入り、自分の食事を済ませドラマをみて就寝という、お前は独身なのかと思わせるような旦那の毎日の流れ。
 
正直辛いです。
毎日おんぶに抱っこで身体中痛いし、おんぶじゃないと下の子は寝ないから昼寝できないし、夜泣きもあるので夜に何度も起こされるし、家事もやらないといけないし、旦那が帰ってくる前に子どもたちをお風呂に入れないといけないし、子どもの機嫌で買い物に行けなかった日は、旦那と子どもが寝てから早速さと家を出て、子どもが起きないか心配しながら急いで買い物して帰宅しないといけない。
 
旦那の親には頼れないし、自分の親は近くにいないし、旦那は何もやらないしで、なんだか虚しくて泣けてくる日があります。
 
でもこの詩を読んでたら色々思い出しました。
いつのまにか子ども2人の子育ても数ヶ月経っていて、たった数ヶ月の中でも、辛いことよりも愛おしいことや成長したことなどがいっぱいあって。
そういう成長や感動や可愛らしい一面を思い出させてくれて、ありがとうございます。
 
明日からも辛い時が絶対あると思いますが、そんな時はまたこの詩を思い出して頑張ろうと思います。
愚痴混じりの長文の感想で失礼しました。

Momful編集部

ちーなぎさんお手紙ありがとうございます。
2歳差の育児は赤ちゃん2人育てているようなものですよね。
魔の二歳児と言われるくらいですから、さらに0歳児を育てるのは神経をいつも尖らせていないといけません…。大変な時期ですね。
 
読んでいると、余裕がなく常に気を張っている状態が続いている感じですね…。
上の子が4、5歳くらいになればまた少し楽になると思いますが、旦那さんの協力がないと辛い部分はあると思います。
今が一番手がかかる時期だと思うので、それをしっかり説明し分かっていただくことが一番の近道かなと思います。
夫婦は元々他人なので、お互いを尊重し、思いやりをしっかりもっていないといけないですね。
 
「子ども2人の子育ても数ヶ月経っていて、たった数ヶ月の中でも、辛いことよりも愛おしいことや成長したことなどがいっぱい」…こんな風に思えるちーなぎさんに愛されている子ども達、幸せだと思います!
子ども達もこの先ずーっとママが大好きですよ。
この先もまた辛い日があると思いますが、その愛情を忘れずに、また辛くなったら見に来てくださいね。

2020.12.10 きき さん

今、0歳と2歳の男児を育ててます。
毎日、旦那は朝早くから遅くまで仕事で周りも頼る人はいません。
 
イライラが止まらなくて、上の子を憎いとまで思ってしまいます。
この詩を読んでも、今の私には届かないみたいです。
この詩が分かる日が来るといいな。

Momful編集部

0歳と2歳のワンオペ育児は、想像を絶するくらい大変だと思います。
2歳なんてほんと、まだまだママにべったり甘えたくて、好奇心旺盛で、言うことはきかなくて、本能のままに生きてる年頃ですものね。
本来ならそれでいいのに、0歳の弟がいれば、年齢よりお兄ちゃんでいなくちゃいけない状況もあるのでしょう。
 
イライラの矛先はどうしても、上の子にいってしまうのもわかります。
きっと上のお子様は、ひとり占めしていたママをとられてさみしいのだと思います。
もっと自分だけを見てほしくて、でもママの気のひき方をわからず、いたずらやママの手を煩わせることを無意識にしているのかもしれません。
そんなことわかってる…でも、どうにもできないのが現状なんですよね。
 
どんなものがききさんの心に届くのかわかりませんが、ききさんの心を癒してくれる何かが見つかりますように。

2020.12.03 いらん さん

育児に辛くなるとこの詩を読みに来ています。
1人目を出産してすぐに2人目を妊娠。
思わぬ妊娠でしたが、気づいた頃にはもう6ヶ月であれよあれよと2人目も出産。
上の子が1歳を迎える前に、2人同時の育児がスタートしました。
 
夫は口ばかりで行動せず、毎日イライラしてばかりです。
そしてついつい子どもにも強く当たってしまうこともあり、その後は自己嫌悪に陥るという流れが毎日続いています。
 
しかし詩を読んで泣いて、今しか味わえない幸せなんだと感じながら、また頑張ろうと背中を押してもらえています。
辛いけど今が1番可愛い時期なんだと感じながら、日々頑張って行こうと思えました。
また辛くなった時には読みに来ようと思います。

Momful編集部

いらんさん、いつも読みに来ていただきありがとうございます。
 
この詩を読んでの他の方のれすぽんすを読んだりして、「私だけじゃないんだな」とか「この人はこんなふうにしているんだ」など、すごく参考になっているというお手紙が編集部にも多く届いています。
 
ひとりひとりおかれている環境や状況などは違いますが、子育てママとしての辛さや日々の疲れ、ストレス、後悔、そして子どもへの愛など、みんな共有できることがいっぱいありますね。
同じ子育てママとして、「今」を精一杯生きている姿が大きな励みになっています。
 
いらんさんだけじゃないです。みんな、同じ思いで試行錯誤しながらなんとか「今」を乗り切ろうとしています。
頑張ってなんていえません。もう十分頑張っているのですから。
 
また、辛くなったら読みに来てくださいね!
いつでもお待ちしております。

2020.12.02 ひなさくママ さん

小2の長女と6ヶ月の次女のママです。夫は毎日帰りが遅く全く頼りにならず、1人での育児が続いています。
最近では土日も仕事に出かけ、私のほんの少しの息抜きもできない毎日が続いています。
 
オムツ替え、授乳、離乳食、昼寝は必ず添い寝…ぐずぐずと泣き続けることも…赤ちゃんは当たり前のことなのはわかっているけど時々辛くなり、孤独を感じることもあります。
 
さらに小2の長女は次女のお世話を一生懸命にしてくれるし、いてくれてすごくすごく助かってるけど、なかなか素直に頼んだことをしてもらえなかったり、すぐにいじけたり、宿題が進まなかったり、1人でトイレに行けなかったりすると、たいしたことじゃないのに長女にイライラをぶつけてしまうことが多々あります。
 
そして、イライラして怒ってしまったことを後悔。
何で穏やかな気持ちで接してあげられないんだろう、どうして優しいママでいられないんだろうと自分を責める毎日です。
 
そんな時にこの詩を読んで自然と涙が出てきました。
長女が6ヶ月くらいで初めて髪を切った時、前髪を短くしすぎて笑ったなぁ。
次女を妊娠中、2人で手を繋いで散歩に行って、シロツメクサを摘んで花冠を作ったなぁ…などなど、振り返ることができました。
 
次女の育児で余裕がなくなってるけど、長女との関わりも大事にしていかなければと改めて感じました。
辛いと思わないで、今可愛い娘2人が隣で私を必要としてくれることに感謝して、毎日頑張ろうと思います。
ありがとうございました。

Momful編集部

ひなさくママさん、お手紙ありがとうございます。
 
小2のお姉ちゃんの一生懸命お手伝いをする姿、すごいですね!
下の子が生まれたことで、小さな妹のお世話で忙しいお母さんの役に立ちたくて、お母さんに「私もお手伝いできるよ」って見てほしいのかもしれませんね。
うちの娘がまさにそうでした!
それでもまだまだ自分ひとりでできることも少なく、すぐにいじける、泣く、イライラして後悔する。
そんなもがく日々の繰り返しでした。
 
正解のない「育児」。イライラする日々や後悔することもありますが、それでいいと思います。
子どももずっと同じではなく、どんどん成長して変わっていきます。
だからこそ、子どもの「今」に寄り添い、一番そばで見守ってあげられるのもママだけ。
 
ひなさくママさんの愛情はしっかりと子どもに伝わっているはずです!

2020.11.23 yuna さん

5ヶ月の娘がいます。
自分の好きなこと全てを我慢し育児、家事をしてきました。
大好きだったお酒も飲めない、趣味もできない、買い物も行けない、エステやマツエク、美容院、全て我慢してます。
たっぷり寝たいけど寝れない。
しかし、旦那は飲みに行ったり、毎週趣味の野球をしたり、それで疲れたからとすぐ寝たり、旦那が休日でも基本的に娘の面倒見るのは私。
 
旦那はあくまでも自分のペースを崩さず、父親になった自覚があるか疑うほど。
でも周りには旦那の印象下げたくないから、愚痴も言えず吐口がないからか、疲れて来て、どうして私だけが我慢して…とストレスが溜まり、かなりしんどいです。
 
この詩を読んで涙が出ました。
それに気付いたけどやはり旦那は何も言わず寝ました。
 
私がいくら育児家事をしても褒めてもらえない、当たり前だと思われている。
でも旦那がすると褒められる。
もうストレスに押しつぶされそうです。

Momful編集部

男の人は、子どもができてもマイペースでなかなか変わらない人が多いような気がします。
「男は女を変わったと責め、女は男を変わらないと責める」…この言葉にひどく納得したものです。
本当にその通りだなぁと。
 
お互いにお互いの正義はあるものですが、子育てはなかなかひとりではできないもの。
男性にも「手伝う」ではなく、自分のやるべきこととしてとらえ、「一緒に子育てする」という意識を持ってもらいたいものですね。
 
なかなか評価されづらいママの仕事。
自分で自分をセルフハグすると、ほっと心が安らいだりします。
誰にも評価されないからこそ、まずは自分が評価して自分を褒めてあげてみてください!
ばかばかしい気がしますが、私もそれで乗り切りましたよ!

2020.11.13 つぶあん さん

泣きました。
ワンオペ育児の6ヶ月のママです。
 
わんぱくで寂しがりやで怒りん坊の我が子に疲れてしまってます。
もちろんかわいいのですが、やっぱり自由がない。
 
でも、とっても大切なことに気づかせてもらえました。
 
泣いたらスッキリしたかな。
 
辛くなったらまた来ます。

Momful編集部

つぶあんさんお手紙ありがとうございます。
 
ワンオペ育児毎日お疲れ様です。
産まれたばかりの時はこちらも気を張って頑張りますけど、6ヶ月くらいから離乳食が始まったり寝返りしだしたりして、また大変な時期かもしれませんね。
かといって話相手になるわけでもないし、つきっきりな毎日は疲労もたまります。
 
育児は長いです。
20歳になるまで安心できないと思います。
だから今も明日も、少し手を抜いて過ごしていいと思います。
 
自分の心も体も大事に、バランスをとってあげてくださいね。

2020.11.06 ヒヨ さん

2歳と0歳の育児中。
なんとかやっているつもりだったけど疲れの限界。
夫は私の疲労度合いが伝わってなく、いつもマイペースでイライラが限界に達して爆発。。
子供の前で爆発してし、またまた自分に罪悪感。
最も近くにいる人に分かって貰えないように感じ、怒りや悲しみで心が支配されてしまっていました。
 
疲れて、悲しくて涙が出てしまう日々でしたが、この詩を見て、子供の素晴らしさ、愛おしさを思い出せました。
子供がいない生活なんて考えられない。
とても愛おしい子供達。
 
その子達のために生活できている、そんな素敵で大切な時は人生の中で一瞬なんだ!
育児は大変だけど、子供の可愛い笑顔や成長を間近で見られる、かけがえのない時間を過ごせているんだ。
原点に戻れたように感じます。
 
子供のために、家族のために、疲れすぎないよう、頑張りすぎないようにしなければ。

Momful編集部

ヒヨさん、本当に疲れすぎないよう、頑張りすぎないように…これぞ子育てのポイントですよね。
結局はこれが子どものため、家族のためになるんだと思います。
 
旦那様は一番近いようでいて、子どもの向き合い方も違うし、家事の主導権はママが担うことが多いとなれば、分かってもらえないように感じるのは当然ですよ。
私も、子どもが小さい時に一番夫に対する不満が多かった気がします。
言い合いになり、お互い言わなくてもいいことまで言ってしまったり、本当は力を合わせて心を寄せ合い育てるべきはずの同志が、同志に感じられず思いやれなかったり。
そんなイライラを子どもにぶつけてしまい、自己嫌悪に陥る。
子育てあるあるです。
 
でも、私もこんな時期を乗り越えて、今があります。
子育てはどんどん確実にラクになっていき、フルタイムで働きだした私を娘がそっとサポートしてくれます。
肉体的にも精神的にも大きな支えです。
自分に余裕ができれば、夫にも優しく接することができ、そうしたら夫は息子を巻き込み、家事をしてくれるようになりました。
 
まだまだ大変な時期は続くと思いますが、どうかヒヨさんも今を頑張りすぎないよう、「いい加減」で乗り切ってくださいね!

2020.11.05 yuki さん

涙が止まりませんでした。
夫、娘(8歳)の3人家族です。
 
夫は仕事柄、出張が多く、お休みは少なく、お休みの日も仕事の電話やメールが鳴ります。
娘は成長するにつれ、パパに不満が出てきました。(たぶん、娘は寂しかったんだと思います)。
 
その都度、「パパが一生懸命、お仕事してくれるから…」と、娘が分かるように話してきました。
しかし先日、夫から、「元々は、誰のお金?」と言われ、頭が真っ白になりました。
 
夫は、仕事が大変。お付き合いもあるから帰宅が遅いのは仕方ない。たまのお休みは、のんびり休んでほしい。と言い聞かせて、本当は頼りたかった、助けてほしかった時期も、何とか乗り越えてきました。(その時は、無我夢中で毎日があっという間でしたが)。
 
やっと、少しは自分の時間が…って思ったら、そんな事を言われるとは思わず…。
 
この事以外にも、夫から心無いひと言は、多々ありましたが、それ以来、え?私は何もしてなかった?子育てや家事は当たり前なの?とか、今までの色々な事がグルグル頭の中で考えてしまい苛々。
 
娘の癇癪もあり、日々に疲れていました。
こんな家、出て行ってやる!と思ってしまいました。
でも、この詩を読んで、娘と気ままに、お散歩に出かけた日々や自分で靴をはく!っと、頑張る姿を何分も見守った時。
「ママー!」と、満面の笑みで走ってきてくれて、ギュッと抱きしめた日々を思い出しました。
夫のおかげで、娘との貴重な時間を過ごせてる事には違いない!と気持ちを切り替えて、以前のように感謝し、癇癪を起こして、お手上げな状態の娘をギュッと抱きしめれるようにしたいと思いました。

Momful編集部

yukiさん、お手紙ありがとうございます。
 
yukiさんはしっかりパパのことも考えて娘さんにお話されていて、それだから旦那さんも安心してお仕事ができているんだと思います。
当たり前の生活というのは当たり前でなく、誰かが我慢したり努力したりしているから成り立つもの。
子育てにあまり参加できていない旦那さんには分かりかねることかもしれません。
もちろん、それはお互いにいえることですが。
互いの仕事を別々で行うと、中々わかり合うことは難しくなってきますよね…。
 
誰が中心かでなく、夫婦が共に中心にいるから家族は作られていくものだと思います。
お金の問題もそうですが、どちらが偉いとか頑張っているとか、そういうことで悲しくなるのはイヤですよね。
 
育児や家事には給料が出ませんが、人間を育てるって何よりもパワーがいるし、教科書があるわけでもないのに「母親が子育てをするのが当たり前」なんて怖いですよね。
 
特に癇癪をおこされると、どうにもこうにもできないあの時間が長いこと…。
 
小さかった頃を思い出すと、子どもの成長って本当あっという間で、寂しいような切ないような気持ちにもなります。
8歳というと色々なことが理解できるようになり、ママの気持ちを察することも出てくると思います。
女同士ケンカする日もくるでしょう。
それでも今まで通りしっかり愛情を注いでいれば、ずっと変わらずyukiさんの味方でいてくれると思います。
 
自分を信じて、この先も進んでいってください。
たまには自分にご褒美もしてあげてくださいね。

2020.11.04 乃愛ママ さん

7ヶ月の女の子のママです。
高2の夏に妊娠して、あっと言う間に今日まで全力で走ってきました。
 
今日の今日まで不安とかイライラとか気持ちが沈む事がなかったのに、なぜか今日は1日中疲れたなって思ってて、娘が泣いててもなんでなんでってイライラしちゃって、ご飯食べてるときもなんでぐちゃぐちゃにするの、また私はご飯冷たいの食べないと。
だって、パパ家にはいないし、両親とも仲良くないし、義父母には毎日気使って接して、毎日慣れないことの繰り返しでパンクしちゃいました。
疲れたなって相談できる人もいなくて、たどり着いたのがここでした。
 
記事読んでるとすっと涙が出てきて。
あ、そうだよなって。
抱っこしたら泣きやんで小さな手で服をぎゅっと掴んで、私の顔を見上げて笑ってくれるこの瞬間も、あと何年かすればなくなっちゃうんだよなって思いました。
 
前みたいに、おしゃれしてカフェ行って友達と写真とって他愛のない話しながら過ごしてた放課後はないけど、いつかはありすぎる自分の時間ができて、寂しくなっちゃうんだなって思いました。
今の私にはこの子がいて、辛い事もあるけどその倍くらい幸せをくれてるんだよなって思いました。
 
なんかうまく伝えられませんが、沈んでた気持ちが少し軽くなりました。
ありがとうございます。
また、しんどくなったらここに来て、この記事読んでがんばります★

Momful編集部

私は乃愛ママさんと逆で、結婚が遅かったので若いお母さんがキラキラして羨ましく思えました。
子どもが20歳になったとき、自分はいくつなんだろう。
子育てひと段落したら、第2の人生を楽しめる体力が果たしてどれだけ残っているかな…なんて考えたりもして。
 
乃愛ママさんはすごくしっかりしたママですね!
7ヶ月間不安とかイライラとか気持ちが沈むことがなかったということが、まさに奇跡ですよ!
私なんてわずか1ヶ月で不安になったり、何気ないまわりの一言に過敏になって情緒不安定になっていましたから。
 
子どもが小さい頃は、ゆっくり座ってご飯も食べられず、冷たいご飯を立ったまま台所でかき込んだりしたものです。
みんな、一度は通る道なんですね…。
 
乃愛ママさんは、同年代のお友達がとてもまぶしく見えることもあると思いますが、いつママになるかの違いだけであって、ママになれば年齢に関係なく、みんなママとしての道を歩むことになります。
 
乃愛ママさんは子育てがひと段落したら、またおしゃれして、カフェ行ったり、友達とおしゃべりする時間を取り戻せるのではないでしょうか。
 
本当に子どもが小さい時間は有限で、振り返るとあっという間に感じます。
あの頃に時を戻したいと思っても、それは叶いません。
大変なこともつらいことも含めて、有限であるこの瞬間を大切にしてほしいなと思います。
 
しんどくなったら、ぜひまた来てください。
ここで変わらずお待ちしています!

2020.11.01 はれ さん

初めて投稿します。
5歳と3歳の母親です。
 
育児中の孤独やストレス、誰にも相談出来ず余裕の無い日々を送っていました。
お母さん達はみんな頑張っているのに私はうまく子育ても出来ずそんな自分に自信がなくイライラ。
言う事を聞いてくれず生意気盛りな長女。好奇心旺盛な息子。
やってほしくない事はされ、お手伝いも沢山してくれるけど失敗はもっとする。
ありがたい事なのに。私を助けて喜ばせてくれようとしてるのだろうけど、余裕がないともっともっとイライラしてしまう。
いつもなら流せる長女のおちゃらけた態度にも腹が立ち、怒りの感情がコントロール出来ずに、今日は感情任せに怒って泣かせてしまい、後悔しております。
漠然と消えたいと思ってしまい、子供たちが寝たあと、ぼーっとしながらこの記事に辿り着きました。
 
号泣しました、、うまく綴れませんが、ありがとうございます。
救われました。
もう一度大事に、この時期を子供たちと一緒に生きてみます。

Momful編集部

はれさんお手紙ありがとうございます。
 
2歳差の育児、とても大変だろうとお察しします…。
そしてお2人とも元気で成長とともに大人になっていく年頃、女の子は特に言葉も達者ですね。
「お手伝いも沢山してくれるけど失敗はもっとする」、これよく分かります。
失敗も寛容に受け入れて、次に活かせるような声がけができたらいいんでしょうが、私もイライラしてしまうことが多々あります。
 
頑張って育てたいという気持ちがありながらも、思うようにコントロールできないと自分を責めてしまいますよね。
感情任せに怒ってしまうこともあるでしょう。
でもそれが絶対にいけない!なんてことないと思います。
ママだって失敗しますし間違えます。
子どももママも感情のある人間だからです。
 
私もたまに間違えたなって気づいた時、落ち着いてから子どもに、ごめんねと声をかけます。
これも完璧に毎回言えてませんが…。
小さい子でも、反応があまりなくても、言うことに意味があったり、実は伝わっていたり…。
ほんの些細なことで今後に繋がることもあります。
 
救われたなんて言って頂けてよかったです。
またいつでも覗きにきてくださいね。

2020.10.14 やんちゃ怪獣の母 さん

3歳になる息子のやんちゃさに気が滅入りながら、家事子育て、たまに仕事を両立しようと孤軍奮闘しています…
ドラッグストアで商品のガムを黙って食べるなど、まだまだ何でも口に入れたがるので目が離せません_:(´?`」 ∠):c
主人は、仕事と趣味を両立するために平日は帰りが遅く、休日は午後からしか居ない事が多いです。
ワンオペでストレスが溜まってきていたので、このような詩を拝見出来て幸せです。めっちゃ泣いてスッキリしました。
明日も仕事と子育てと家事頑張ります。

Momful編集部

やんちゃ怪獣の母さんお手紙ありがとうございます!
3歳の男の子となるとやんちゃな時ですね。
商品を黙って食べる…ママの大変さが想像できます^^;
(我が家もその位の頃、お店のチュッパチャップスを勝手にむしって美味しそうに舐めていたのを思い出しました…笑)
 
旦那さんはうまく両立しているのですね。羨ましいかぎりです!
それは、やんちゃ怪獣の母さんが頑張っているからこそ出来ることだと思います!
子どもの面倒をみて家事をして仕事をして。簡単ではないはずです。
今が一番大変な時かもしれません。掃除も料理も手抜きでいいと思います。
今はやんちゃな息子さんの面倒と仕事を優先しつつ、たまには自分にご褒美もしてくださいね!

2020.10.06 新米ママ さん

生後10ヶ月の母親です。夫の仕事の帰りが遅く、朝も早い、出張も多くワンオペ育児に明け暮れる日々、思うように物事進まず、わかっていても子供を強く叱ってしまったり大きな声を出してしまうことが嫌でなんとか気持ちをコントロールできないかとネット検索したところ、コチラの詩を1番に見つけました。
 
すごく共感しました。何回も読み返してますがその度に泣いています。周りのママ友にも勧めました。やはり泣いたようです。
 
当たり前のことに、見落としていたこと、色々と思い出させて頂きました。そして優しい気持ちになりました。すぐに気持ちをコントロールできないと思いますが、もう少し“今”を噛み締めながら子供と再度向き合おうと思います。
ありがとうございました。

Momful編集部

新米ママさんお手紙ありがとうございます!
育児事情、とても大変ですね…。新米ママ、とのことで1人目の育児でしょうか。10ヶ月だとまだ意思疎通ができず、ワンオペ育児で完全に心が孤独になっているかもしれません。毎日同じことの繰り返しで心も疲れますし、気持ちも寂しいですよね。
 
子育ては簡単ではないですし、綺麗事では済まされません。この詩をよんでくれたことで、"今"だけでも心が救えたなら…この詩を取り上げてよかったと思います。
 
私自身も詩を読み、涙し、優しい気持ちになれた一人です。
もっと子どものことをよくみよう、この子との時間を大事にしよう、…でも現実は、そう思い通りにいかず、ガミガミ騒いでます(笑)。
1人目だとすべてが初めてで、なるべく完璧にしようとしてしまうかもしれませんが、自分のことも大事に労わってあげてください。ほんの少しの余裕が、子どもにも伝染します。
またいつでもマムフルに遊びにきてくださいね。

2020.10.02 かりな さん

4歳、2歳、8ヶ月の子供を育てています。ここ数日ワンオペで心の余裕がなく、8ヶ月の子供が寝たのに大きな声でグズって起こそうとする2歳の子供を怒ってしまいました。
イライラが止まらず子供と離れて寝ようとしましたが、結局4歳、2歳はわたしの近くにきて寝ました。いつも子供を怒ったことを後悔した時にこの詩を読みにきます。そして泣いてしまいます。
明日からまた気持ちを切り替えて子供と楽しく過ごそうと思います。

Momful編集部

かりなさんお手紙ありがとうございます。
8ヶ月のお子さんに2歳のお子さんの寝かしつけ…。想像しただけでも大変!4歳のお子さんもまだまだ手がかかるでしょう。それはイライラしても仕方ないと思います。ママは女神様ではありません。怒るし悲しくなるし泣きたくもなります。
 
イライラしてしまっても、子どもってママが大好きですよね。私はいっそキライになってくれればいいのに、なんて思った時期がありましたが、今は反抗期でキライと言われ、悲しくなってます(笑)
 
今は想像できないかもしれませんが、かりなさんのお子さんもそのうち離れる日がくるんですよね…。マムフルがリセットに場所になれて嬉しいです。またいつでも覗きにきてくださいね。

2020.10.02 sonari さん

もうすぐ5歳女の子と2歳になったばかりの男の子のママです。
働きながらの育児で、旦那さんも不規則勤務のためあまり協力を得られない状況です。子どもが生まれてからってびっくりするほど自分の時間がなく、読みたいと思って買った本も結局読みかけのまま放置…休みの日も子どもと公園で1日が終わり次の日には仕事…という日常が続いて疲れからか少しイライラしてる時、寝る前の布団でこの詩を見つけました。

Momful編集部

Sonariさん、お手紙ありがとうございます!
ご自身もお仕事されている中、2人のお子さんをほぼワンオペで育てていらっしゃるんですね…。
読みたいと思っていた本も放置…、めちゃくちゃ共感しますし、その悲しみよくわかります(泣)!!
 
私もSonariさんと同じく、読書大好きなのに子どもが生まれてからまったく読めなくなったことに絶望した組です…。
ひとり時間を作るのが難しい環境にいらっしゃるかと思いますが、せめて美味しいスイーツやきれいなお花なんかをお取り寄せして、ご自分をねぎらってみてはいかがでしょうか。
どうかSonariさんご自身が少しでも心安らげる時間が持てますように… ママにおすすめリラックス定期便5選

2020.09.18 まーちゎん さん

3人のワンオペ育児に疲れを感じて、毎日怒鳴ってる自分にもイライラして何もかも上手くいかなくて模索してたらこの記事にたどり着きました。号泣しました。明日から考え方を変えて子供と接しようと思える記事で心を打たれました。ありがとうございます。

Momful編集部

まーちゎんさんお手紙ありがとうございます!
3人のワンオペ大変ですね…。言うことをきかない子どもを、「叱る」ではなく「怒る」自分。私も負のループによくはまります。
 
自分がちゃんとできないんだから子どももできるわけないよな…と思いますが、その場になると中々難しいですよね。人間を育てるっていつになっても慣れないものです。
また辛い!ってなったらいつでも覗きにきてくださいね。

2020.09.11 うみまま さん

10ヶ月半差の年子現在0歳1歳のママです。
完全なワンオペ育児で疲れ果て心身共にボロボロになった今たまたまこの記事を読みました。
 
これ私のそのままだと思って涙がとまりません。今2人の子供達が部屋を荒らし泣いて笑って走り回って、、、大事な時間だと愛おしく思えて心がスッキリしました。ありがとうございました。。

Momful編集部

ワンオペのつらさ…よくわかります。
我が家も主人の仕事柄、帰りが遅く、完全なるワンオペでした。まわりを見ればイクメンも多く、家事も自らこなす友達のパパの姿に、いけないとわかっていてもついつい自分の夫と比べてしまい、その不満を口走り、夫婦仲が険悪になっていく…なんていう負の連鎖。
疲労困憊の意味を実感する毎日でした。
 
それをどう乗り切ったのか、明確な答えはありませんが、今当時を振り返り言えることは、確実に時間はたち、子どもは待ったなしで成長するということ。
その渦中にいるとき、いずれ成長することを悟ることなんてできませんでしたが、無我夢中で1日1日をやり過ごしているうちに、ふと気づいたら子どもはある程度大きくなって、育児がラクになっていました。
 
多少家が汚くても、掃除しない自分を許し、ときにはご飯を手抜きする自分を許す。ワンオペながら、私はよく頑張っているとセルフハグ。そしてとにかく寝れるときは寝る!
 
睡眠は何よりの精神安定剤となり、明日の活力になりますから。

2020.07.17 さやか さん

あー朝から泣きました。
2歳と4歳の男の子保育園に預けてパートで働きながら育ててます。旦那も大工で忙しく、実家は頼らずで唯一保育園が頼りです。
今日はもうなんにもしたくなくて仕事を休みゆっくりしようと思っていますが散らかった部屋減らない洗濯洗わなきゃいけない食器を目の前にして、片付けないとって思いながらもう何もしたくないって気持ちとたたかってます。

Momful編集部

さやかさんお便りありがとうございます。
 
未就学児の頃が本当に一番大変ですよね。
私自身、仕事や家事、育児との両立に疲れ果てた時期でもあります。ファミリーサポートなどもあるけど、それさえ億劫になるほど…。
 
とにかく何もしたくないときは、ていのいい言い訳つけて、手抜きしちゃいましょ。
 
私は食器洗いが最高に苦痛で、たまに「おうちキャンプだよー」とか言って紙皿や紙コップを使ってました。子どもはコップにシールはったり、クロス代わりに模造紙を敷くと絵を描いて喜んでました。
子どもが楽しんでいたので、旦那もいいアイデアだねとか言ってご機嫌(笑)!テーブルが汚れず捨てちゃえるので、ラクチンですよー♪

Recommend
[おすすめの記事]

もっと見る

Special Contents

Event
[イベント情報]

イベント一覧へ

Hot Word
[話題のキーワード]

タグ一覧へ

Post
[編集部へお手紙]

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!などのご意見、お待ちしております。
※返信希望、またその他お問い合わせの方はコチラ


    お手紙を出す

    Momful News
    [お知らせ]

    お知らせ一覧へ

    Category
    [カテゴリー]