ママだってみんな違っていい。 Momful【マムフル】

  • その他

記事を読んで届いたお手紙 Re:まむふる·れすぽんす 夜泣き・ぐずりのお便り一覧

記事を読んで届いたお手紙 Re:まむふる·れすぽんす 夜泣き・ぐずりのお便り一覧

<#夜泣き・ぐずり>

2022.03.24 きいちゃん さん

1歳5ヶ月の娘がいます。
 
4月から保育園です。
二人だけの時間もあと少しだけだから日々大事にしたいのに、毎日を大切に出来ない。
ご飯も食べずに泣く、お風呂で永遠と泡が出るポンプを押して泡を出してないと泣きじゃくる。
歯磨きも、歯磨きジェルをもっとくれと泣く。
 
寝る時は私の袖の中に両手を入れないと寝られなくて、上手く入れられないとそこから1時間泣き続ける。
夜中に何度も起きて隣に私がいるのに暗い部屋でママーと泣き叫んで私を探す。
 
文章にするとなんだかおかしいですが、最近娘の泣くスイッチがすぐ入るので、その毎日に疲れ果てていました。
パパがいる日でもパパからご飯は食べてくれないし、お風呂も寝る時もママじゃないとダメ。
 
台所にも立たせてくれなくて、娘のご飯もちゃんと作れないことも辛くて、早く保育園に入って欲しいと毎日思ってしまってます。
そんな自分に更に罪悪感。
 
いつか無くなる日々なのはわかっているのに。大事にしたいのに。なんでもっと笑顔でいてあげられないんだろう。
なんでこんなに余裕が持てないんだろう。
詩を読んで泣きました。
もっと毎日を大切にしたいです。

Momful編集部

きいちゃんさん、お手紙ありがとうございます。
 
あー、読んでいると私にもそんな時があったと思い出しました…。
きいちゃんさん今本当に辛いですね。毎日お疲れ様です。
イヤイヤ期とも違う、なんだか心が安定しない何か…。こちらも出来ることは限られてて、どうにもできない状態までくると、自分も平常心ではいられなくなりますよね。
 
子育ては人間を育てること。
感情があって、1人1人性格も感性も何もかもが違う、たった1つの色をもつ人間を育てるのは「子育て」と簡単に言われてこなせるものではない気がします。
それを辛いとか、逃げ出したいとかいう感情がわくのは、ごく自然のことだと私は思います。
大切だからそう思ってはいけないとか、自分がおかしいのではないかと思ってしまうかもしれませんが、そんなことないですよ。
きいちゃんさんはしっかり子どものことを思っているからここに来たんだと思います。
 
私が最初に、あー私にもそんな時があったと思えたのは、あの辛かった毎日を、今笑って話せてるからだと思いました。
今は、すこーし寂しいなって思うんです。
今だったら笑って接してあげれるのかもって。
自分勝手ですね。(笑)
 
今は大変だと思います。
だから無理しないで自分のことも大切に思ってください。
子どものことだけじゃなくて自分にもご褒美しながら過ごしてくださいね。

2021.03.01 あん さん

高齢の初産で、ひとつ1つがわからないことだらけで、体力にも自信がなく、心身共に疲れきっている時に、こちらを読ませて頂きました。
 
我が子は本当にかわいいのですが、赤ちゃんに泣き続けられたり、なかなか寝付けず、ずっーと抱っこの状態が続くと「もう無理だよ」と投げたしたくなる自分がいます。
主人を見てると、「自分の時間があっていいな」と羨ましく思ったりもします。
 
でも、こちらを読んで本当に涙が止まりませんでした。
言葉にできないから泣き続けるしかない、赤ちゃん。
「ママの抱っこでしか眠れない」と甘えてきてくれてる赤ちゃん。
 
気持ちがが安定してるときは、そう思えるのですが、心身共に疲れていると、大切なことを忘れてしまうものなのだと改めて思いました。
 
辛くなったら、またこちらを読ませて頂いて、本当に大切なことを思い出せるようにしていきます。

Momful編集部

私も比較的年をとってからの初産だったので、お気持ちよく分かります。
 
いろいろとやりきった後の子育てだったため、自分の時間がほしいとか、もっと友達と遊びたい、おしゃれも楽しみたいというのはなかったのですが、本当に体力的に厳しかったです。
 
体の疲労は、心も疲弊しやすくなるものです。
とにかく睡眠が1番!
 
できるだけ少しの時間でも体を休めてくださいね!
また、のぞきに来てください。

2021.01.02 はるまる さん

2歳6ヶ月児のお昼寝をねかしつけたところです。
久しぶりにゆっくりとした子どもと二人の時間だったのに、寝ぐずりで暴れる子どもについ声を荒げて更に泣かせてしまい。泣きながら寝た我が子の寝顔を見ながら、この詩に出会いました。ありがとうございます。
6月には第二子が誕生する予定なので、これからますますバタバタすると思いますが、愛おしいこの子と今を大切に過ごしたいと思います。
まず起きたら、大きな声を出したことを謝って、抱きしめようと思います。

Momful編集部

寝かしつけの時にすんなり寝てくれないと、一番イライラしてしまいますよね…。私も経験があります。
寝付きのときこそ、いい夢を見られるようにご機嫌で寝かせてあげたいのに…。泣き寝入りした寝顔が一番切なくなります。でも、意外に睡眠をしっかりとったあとは、すっきりした目覚めになるもの。
子どもは過去を振り返らず、今を生きているモノです。起きたら、いっぱい抱きしめてあげれば、きっと大丈夫ですよ!

2020.12.29 りんごママ さん

たった今宿泊先で、2歳の娘の夜泣きを落ち着かせ、横でイライラする夫を冷ややかに見つめながら、「夜泣き2歳児旦那イライラ」を検索してたどり着きました。
外遊びになれないオットは私の日常を少し経験しただけでぐったり。抱っこはわたしです。荷物だけベビーカーに乗せて運んでもらったのでわたしはいつもより楽ちん。ベビーカーに荷物乗せて移動しただけでこんなに疲れるの??って感じです。
夜泣きを、ママに甘えている!の一言で済ます…。ドン引きしました。
詩をみてホロホロ涙が出ました!旦那どうのこうのより娘との時間をたくさん大切に過ごします♪ありがとうございました!

Momful編集部

普段は育児のほんの一部しか見ていなかった旦那様も、このお休みでママの大変さをきっと身をもって実感したのではないでしょうか。
これで、旦那様が少しでも変わってくれればなおよしという感じですが、でもりんごママさんのおっしゃる通り、旦那様どうこうではなく、娘さんとの時間を大切にできれば、それが最高ですね!有限なこの時期をぜひ心から慈しんで過ごされること、応援しています!

2020.12.06 ちはる さん

小学校2年生の息子が、寝る前に泣き出しました。
私が勤務で週に1回程、朝早く息子たちが寝ている間に家を出るのですが、起きて私がいない日が心細く辛かったようです。
思いをいっぱい泣きながら話す息子が愛おしいけど、仕事上勤務も変えられない。
何かいい案はないかなと思って見ていると、この詩に巡り会えました。
本当にその通りだと思います。
あっというまに大きくなってしまう子どもたち。
生まれてから毎日、「大好きだよ」と言って抱きしめられる幸せ。
あと何年かしたら、こんなことで泣いてくれない息子。
 
勤務の時間を変えることは難しいけど、今を大切にするためにできることを、しっかり探していきたいと思います。
 
でも明日も早出。
起きた時の息子を思うとちょっと不安です。

Momful編集部

仕事と子育ての両立は、忙しさだけでなく、メンタル面でも本当に大変ですよね。
私も、離れたくないと泣いて抱きつく我が子を引き離して、仕事に行く毎日は耐え難い思いでした。
こっちが泣きたくなる…とメンタルかなりやられました。
でも、出社してしまえば忙しくて、それを思いかえす暇もなくて。またその繰り返し。
 
たった週1回と大人は思うけど、「今」しか見ていない子どもにとっては頻度はあまり関係ないのかもしれませんね。
「勤務の時間を変えることは難しいけど、今を大切にするためにできることを、しっかり探していきたいと思います」というちはるさんのその気持ちがあれば、きっといい方向にいくはず!
 
これからも「大好きだよ」と、いっぱい抱きしめてあげてくださいね!

2020.11.18 まま さん

1歳の娘を持つ母です。
初めての子育て、夕方泣きじゃくる娘、夜泣きが1歳になり始まって夜中も泣き叫ばれる日々が続きひとり悩んでました。
なんとも言えない感情に、身近な人にすら相談できずにいました。
 
詩を読んですごく共感し、いつの間にか涙が出てました。
頭でわかっている事でも気持ちが追いつかず、ストレートな詩に感動しました。
 
読み終わって、気持ちもなんとなくスッキリしました。
ありがとうございます。

Momful編集部

ままさんお手紙ありがとうございます。
 
初めての子育ては何もかもが想定外で大変な毎日だと思います。
1歳の夜泣きは、声も大きくなり起き上がることも出来たりで、アタフタで気が気じゃないですよね。
 
私も夜泣きに相当悩まされたので、お気持ち少し分かります。
「こんなことで誰かに相談して解決するわけでもないし、みんながやっていることだから頑張らないと」なんて、よく気を張ってはストレスをためて無心になったり。
 
結果やゴールがないから、いつになっても育児は辛いのだと思います。
 
ままさんが詩をよみ、少しでも心が晴れ、ここにきてくれて嬉しいです。
簡単にはいきませんが、前向きな気持ちを心のどこかに置いといてほしいなと思います。

2020.11.06 ママ さん

子供にすぐ怒ってしまう私。
こんな些細なことで怒ったりしてしまう私は最低だとおもって次は怒らないように、広い心で、と思うけどなかなかうまく行かない毎日。
 
そんな私でも毎日歯磨きだけはしっかりやって、フロスもフッ素ジェルも毎日やっていました。
 
それでも虫歯ができて歯医者にいきました。
3日前くらいから虫歯が大きくなると歯が痛くなるよ、、、。などと言い聞かせて子供も歯医者さん頑張る!と言っていざ歯医者さんにいきましたが診察になると号泣。
口を開けることもなくそのままなにもせず先生、歯科衛生士さんに申し訳なさすぎて謝りながら帰りました。
車の中で子供は号泣。
家でも嫌だと号泣。
一生懸命歯医者さんは怖くないよと言って聞かせるものの全く聞かず、、、結局怒ってしまいました。
虫歯ができたのは私の責任。
それをわかっているのに子供に優しくできません。
心の狭い母親です。
 
子供を寝かしつけてどうしたらいいか迷って泣いて色々調べていたらここに辿りつきました。
全部読んでただ泣きました。
今がずっと続くわけではないんだと気付かされました。
いつかは子供も巣立ち、ママママ!とよんで抱きついてくることもなくなるんだと。
 
今を大切に大切にしようと思えました。
愛おしい我が子を大切に。
ありがとうございました。

Momful編集部

子どもって、親がどんなに頑張ろうが、それに答えてくれるってわけじゃないですよね。
「こんなにあなたのためにしてるのになんで」って私も思ったことがありますが、尽く裏切られてきましたし、今もそんな感じです^^;(笑)
 
静かな子が良い子、騒ぐ子は悪い子。なんとなくこれが定着していて、子どもなんて十人十色で当然なのに、なんだか肩身が狭く感じる自分もいて、結局解決できないことのが多いと思います。
 
虫歯になったのはママのせいじゃないと思います。
仕上げ歯磨きをしていなくて虫歯が全くない子どももいますし、私も4年生まで毎日仕上げをしていたのに虫歯ができて悔しい思いをしたことがあります。
その銀歯もグラグラしていて、今となると、乳歯だったしまぁいっか。なんて思います。
 
ママさんは毎日仕上げ磨き、フロスにフッ素をやっているなんてすごいです。
とても時間がかかることですし、虫歯ができたとしても、やって意味のないことなんてないと思います。
歯医者に来て泣いて帰る子もいると思いますし、あまり考えこまないで欲しいなと思います。
 
いつかは離れていく子ども。
結婚して大人になっていったら、親と過ごした時間なんてほんの少しなんですよね。
 
難しいことですが、その時その時を乗り越えて今をいきましょう。

2020.10.29 み。 さん

丁度息子の寝起きのグズグズにイライラして離れた時にこの詩を見つけ、なんとなく眺めていたら涙が無意識にポロポロでました。
これからも育児に辛くなったら、また読み返したいと思います。

Momful編集部

み。さん、お手紙ありがとうございます!
 
子育ては嬉しいこともあるけど、精神的にかなり疲れてしまうことも…。
 
育児の大変なところは、『正解がない』ことと『ゴールがない』ことですよね。
正しい対応を模索しながら、「いつまで続くの?」という葛藤と戦い続ける日々を、私もまさに送っています。
気付いたら心も体も疲れ果ててボロボロ…なんてこともしばしば。
きっとみ。さんは、今そのさなかにいらっしゃるんですね。
 
この詩を読んで、少しでもみ。さんの心が軽くなったなら、とても嬉しいです。
またいつでもMomfulを見にきてくださいね!

2020.09.11 ママになりきれてないママ さん

2歳直前の女の子がいます。0歳の頃は全くと言っていいほど寝ない子どもで、その頃から気が強く、泣き声も大きく、癇癪のような物もあり、毎日どうにかこうにかやって来ました。
 
正直何度泣いたか分かりません。それでも我が子は可愛いんです。疲れた時は本当に勘弁して、ってなるんですけど。怒ってしまった日の夜は寝顔を見て罪悪感で何度も泣きました。
 
今日久しぶりに身体が動かず、もう全部が億劫で、そんな時に限って珍しく早朝からグズグズ。
本当、疲れました。
何のために生きてるんだろう、と思ってしまいます。
 
でも、こちらの詩を読んで、涙が出ました。
この時期を忘れるもんか、という意気込みでがんばろうとおもいます。

Momful編集部

我が子を思う気持ちと、疲れは全く別ものです!!
 
ママだって、完璧じゃないし、ひとりの人間なんです。
普通に体は疲れるし、気分が落ち込むことだって、機嫌が悪い時だってある。子どもの泣き声がうるさいなあと思ってしまうことだって…。でも、そんなことを思ってしまった自分を、「母親としてダメだ」と責めてしまう。
 
自分が一番自分を追い込んでしまうのかもしれません。私もこの詩を読んで泣きました。
 
そして、よし頑張ろう!と元気をもらって、でもまた落ち込んで…。
そして、またこの詩を読んで泣いて、元気をもらっています!
 
何度でも読み返しに、Momfulへ遊びに来てくださいね。

Recommend
[おすすめの記事]

もっと見る

Special Contents

Event
[イベント情報]

イベント一覧へ

Hot Word
[話題のキーワード]

タグ一覧へ

Post
[編集部へお手紙]

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!などのご意見、お待ちしております。
※返信希望、またその他お問い合わせの方はコチラ


    お手紙を出す

    Momful News
    [お知らせ]

    お知らせ一覧へ

    Category
    [カテゴリー]