ママだってみんな違っていい。 Momful【マムフル】

涙が止まらないとSNSでも話題!「育児に疲れたお母さんへ贈る詩」

感動のこの詩、知ってる?「育児に疲れたお母さんへ贈る詩」

いつもマムフル楽しみに見ています。ママ友と話題になり、知らなかったママも多かったので、ぜひ皆さんにお知らせしたくてお手紙を出しました。同じ育児中のママとして、共感したり元気になれる詩なので、よかったらぜひ紹介してください。(中央市 いっちゃん/4歳男児)

  • その他

「育児に疲れたお母さんに贈る詩」感動の声続々!

いっちゃんさん、お手紙ありがとうございます!
編集部ママたちも、これを読んで顔面崩壊。。。
 
子育ては正直楽しいばかりじゃない。
不安になることもあります。
家族や周りの協力が必要な時に十分に得られないことだってありますね。
子どもは可愛いけど、ママも母である前に、ひとりの「人」だもの。
ストレスも感じるし、精神的にきつかったり、逃げたくなることも。
でも、今思い返すと瞬きするくらい、一瞬だったなあと思います。
 
疲れちゃったとき、落ち込んだ時、ストレスMAXの時、この詩を読んでリセットしてくださいね。(編集部/さくママ)

ママの毎日

独身の頃
 
ヒールの靴が好きだった
お酒は苦手だったけれど友達と過ごすお酒の場の楽しい雰囲気が好きだった
 
好きな音楽はミスチルでいつもウォークマンに入れて好きな時に聴いていた
電車の中でゆっくり本を読むのも好きだった
 
お風呂では半身浴をして
美容院には2ヶ月に1回は必ず行っていた
 
お化粧するのも好きだった
1人で行く映画館が好きだった
 
流行りの雑誌を買い
流行りの曲を聴き
流行りの服を着て
流行りの場所へ好きな時に出かけた。

そんな私は 今
 
 
泥だらけのスニーカーを履き
 
子どもたちの着替えやオムツが入った大きなバックを肩にかけ
 
ちゃんとした化粧もせずに
 
髪を一つにくくり
 
毎日
子どもたちの手を繋いで公園へ散歩に行っている。
 
 
 
聴く曲はミスチルからアンパンマンマーチに変わった。
 
 
眺めているのはファッション雑誌から
子どもの母子手帳や幼稚園からの手紙に変わった。

考えていることは
今日の夕飯のメニューと
長女が幼稚園から帰ってきたあとのおやつ、お風呂、夕飯の流れの確認。
 
今日の天気で洗濯物が乾くかどうかと
明日の長女の遠足が晴れるかどうか。
 
最近眠くなると激しくぐずる長男を昨日つい怒ってしまったから
今日は早く寝かせてあげよう。
今日は怒らないでおやすみをしよう。
 
そんなこと。

毎日 押し流されるように迫ってくる日常があるから
 
キレイに片付いた部屋も
大の字で朝まで眠れる夜も
ゆっくり塗れるマスカラも
 
なんだかもう思い出せない。
 
 
 
そう。
 
 
 
思い出せないから
 
私たちは つい 忘れてしまうのだ。

毎日 押し流されるように迫ってくる日常があるから
 
キレイに片付いた部屋も
大の字で朝まで眠れる夜も
ゆっくり塗れるマスカラも
 
なんだかもう思い出せない。
 
 
 
そう。
 
 
 
思い出せないから
 
私たちは つい 忘れてしまうのだ。

この毎日が
 
ずっと続かないということを。

1人でゆっくりお風呂に入れるようになったら
 
 
湯船の中 あなたと向き合い数を数え
 
柔らかく響いたあなたの声を
 
 
私は思い出すのでしょう

1人で好きなだけ寝返りをうち眠れるようになったら
 
 
どこまで寝転がっても隣にいないあなたのぬくもりを
 
私は探すのでしょう

好きな音楽のCDを好きなだけかけられるようになったら
 
 
この部屋の中に溢れていたあなたの笑い声を思い出して
 
私は泣くのでしょう

好きなだけお化粧に時間をかけられるようになったら
 
 
私の洋服をひっぱり
膝の上によじ登り
私のやることなすことをお邪魔してくるあなたのその小さな手を思い出して
 
私は泣くのでしょう

好きなだけヒールが履けるようになったら
 
 
笑い転げるあなたを追いかけて走り回り
泥だらけになって遊んだあの空を思い出して
 
私は泣くのでしょう

自分とパパの洗濯物だけを回す日々が訪れたら
 
 
砂まみれの靴下も
おしっこを失敗したズボンも
牛乳をひっくり返したシャツも
 
洗濯カゴにないことを知って
 
 
私は泣くのでしょう

あなたの足音がしない部屋の掃除機をかける日が訪れたら
 
 
粉々になったビスケットの食べこぼしも
小さなおもちゃの部品も
あなたの細い柔らかい髪の毛も落ちていないことを知り
 
 
私は泣くのでしょう

1人で好きなことを
好きな時に
好きなだけ出来るようになったら
 
 
どんな時も「ママ」「ママ」と私を呼び
 
どんな時も私のことを探しているあなたの姿を思い出して
 
 
私は泣くのでしょう

一体いつまであるのかな
 
 
一体 いつまでここにいてくれるのかな
 
 
そして
 
そんなことを考えているうちに
 
 
 
また 今日も終わってしまった。

私たちの日常は「子どもが側にいる『今』」だから
 
子どもから離れて1人になれた瞬間が特別に感じて
 
好きなことを堪能できる喜びを噛み締めるけれど

でも 自分の人生を考えてみたら
 
 
特別なのは
 
 
本当は 子どもが側に生きているこの毎日の方。

でも 私たちはそれを忘れてしまう。

なんだか ずっと続くような錯覚を起こして毎日を過ごしているけれど
 
 
 
大変に思えるこの毎日に
 
数えきれない 愛しい が散りばめられていることを
 
私たちは いつか知るのです。

子どもたちが
 
この世に生まれてから今日まで
 
ママとパパのために
全身を力いっぱい使って思い出を撒き散らしてくれていたことに
 
私たちは 過ぎてから気付くのです。

ママの毎日は
 
ママでいられる毎日です。

ママの毎日は
 
ママでいられる毎日です。

 
 
私たちは この命が尽きるまで
 
どんなに子どもと離れていても子どもを思い、心配し、愛し続ける 子どもたちの母親だけれど
 
 
でも 子どもたちの側で『ママ』でいられることの出来る日の
 
なんて短いことかを
 
 
いつか思い知るのでしょう。

今日もあなたは
 
屈託のない笑顔で振り向き
 
「ママ!」と言って
 
両手を広げて こちらに飛び込んでくる。

忘れるものか。
 
 
絶対に。
 
絶対に。

あなたの前髪を切り過ぎて笑った昨日を。
 
あなたを怒って自分に涙が出た今日を。
 
あなたの寝相に笑った夜を。
 
あなたが摘んでくれたシロツメクサの白さを。
 
 
あなたに許された私を。
 
あなたがいてくれるこの毎日を。

私は 絶対に忘れない。

ミスチルも好きだけど
 
Eテレの歌に感動することを知った
 
 
ヒールも好きだけど
 
スニーカーの安心感が好きになった

ミスチルも好きだけど
 
Eテレの歌に感動することを知った
 
 
ヒールも好きだけど
 
スニーカーの安心感が好きになった

自分のことが一番大切だった
 
 
そんな私に
 
自分の命よりも大切だと思える存在がこの世にはあると教えてくれた子どもたちに  
 
 
 
 
心から 感謝を。

子ども

マムフルレスポンス

<#新着(2022年1月分)>

2022.01.12 けい さん

この詩に再び出会いました。
私は小3、4歳、2歳の母です。
仕事は休業中で、コロナの時代に家で、1人で子どもたちの面倒をみていると、本当に疲れてしまいます。
また涙が出ました。
でも救われました。

Momful編集部

コロナ禍で自由にお出かけもできない状況での子育てほど大変なものはないですよね。
お母さんってどこかへフラっと出かけることも、子どもをおいていくことも許されないような、育児はまるで母親の宿命のように思えてきますよね。
 
もちろんそうなのかもしれないけど、母として、女性としてもっと輝きたい。
結婚して出産をすると気持ちの変化もあり、考え方も変わって、さらに子どもがいると、「こうしなきゃ」と責任感が生まれ…
とにかく思考が子ども中心になってしまいがちです。
 
ましてや自分の思うようにもいかないし、イライラが募っても仕方ありません。
けれど、いつまでもイライラしていると子どもにもそれが伝わって、罪悪感が芽生えて悪循環。
私も1歳の娘がいるので、お気持ちがよくわかります。
 
そんな時に私が家でやっているのは、無理に子どもとの時間を作ろうとしないで、家事を進めてしまうこと。
子どもが話を聞いて欲しそうなときに、家事をしたければ変顔をしたりしてふざけてしまう。
そこで子どもがあわせて変顔をして、それが面白くてこちらまで笑ってしまったり、少しほっとする瞬間が出てくるわけです。
 
そうしたら兄弟同士でふざけあって、その隙に家事をささっと進めたり、家事の手を止め、一緒に遊んでしまったり。
どんな形でもいいと思います。
少しだけ気分転換になるようなことを子どもと交わってしてみるのも楽しいかも。
 
3人も可愛いお子様がいたらきっと楽しい空間になるんだろうなと、想像を膨らませてお返事してしまいました。
いつでもまたこの詩を読みにきてくださいね。

2022.01.10 ちばけん さん

2児の母で、現在3人目を妊娠中です。
 
主人は仕事が忙しく、ほとんど毎日ワンオペで体力的も精神的にも辛いです。
下の子はまだ1歳なのでつい赤ちゃん扱いしてしまい、上の子ばかり怒ってしまいます。
自分に余裕がなさすぎて、少しのことで怒ってしまい、自己嫌悪で母親失格だと、夜になると1人泣いてばかりです。
 
実家も遠く頼れず、近くに友達もいないので孤独な毎日です。
私自身が小さい頃から親にも甘えるのが苦手だったため、大人になった今でも主人にすら本音で甘えたり、頼ることができません。
自分1人でいっぱいいっぱいになって、泣いてばかりで辛いです。
 
子どもは可愛くて仕方ないはずなのに、怒ってばかりだし、母親として何もできていない気がして逃げ出したくなります。
 
この詩を読んで涙が止まらなくなりました。
いつか大切だったと思えるこの時間をもっと大切に過ごさなきゃですね。

Momful編集部

ちばけんさん、お手紙ありがとうございます。
 
状況が全く同じで、お手紙を読んで共感することばかりでした。
実家が遠いと帰るにしても、子どもがいるし…と億劫になってしまったり、自分が頑張れば大丈夫と自分に無理をかけてしまいますよね。
旦那さんにたまにはお話を聞いてほしいと思っても、旦那さんも仕事で疲れているだろうとか、言ってもわかってもらえないなんて、自分の中で悪い方向に考えてしまうことも。
 
育児をしていると誰かにSOSを出したくなるもの。お便りをみていると自分だけじゃないんだなと感じます。
 
ここまで頑張ってきていることは、実家にいるご家族もわかっていると思います。
あるいは、頼ることができなかったちばけんさんは、我慢強いから大丈夫と見守ってくださっているのかもしれません。
ちばけんさんの想いを伝えた時に初めて気持ちをわかってもらえるかもしれません。
 
私も両家の実家が遠くて頼ることもできず、転勤族で友達もいないことで、辛い時期もありましたが、少しの勇気で状況を変えることができました。
近しいひとに頼りづらいときは、近くの支援センターに行って子どもを遊ばせながら先生とお話して気分転換をしたり、そこで少しお話ができるママに出会ったり。
ほんのすこし自分からアプローチをすることで心がすっと軽くなれました。
 
自分の思い通りにいかないのが育児。
けれどお母さんの身体も大切です。また辛くなったらいつでもマムフルを覗きにきてくださいね。

2022.01.09 ギャビー さん

長男(6歳)、次男(4歳)2児のママです。
 
旦那と喧嘩をしてイライラしながら、寝る前にスマホで「育児 家事 イライラ」と検索したらこの詩がでてきました。
涙が止まらなくなりました。
 
自分のやりたい事が全然出来なかったり、ご飯もゆっくり食べれない、部屋は片付けても片付けてもぐちゃぐちゃ、スムーズに出かけられない、子どもは「ゲームやりたい」「動画みたい」ばかり言う…。
危ないからやめてと言ってもきかないから、怒鳴るの繰り返しで。
 
家事ばかりして、子ども達と遊べなくて悲しくなったりもします。
今を大切にと思いながら、日々過ぎていく。必ず後悔すると知りながら。
 
子ども達にもっと優しくなりたいです。
家事を減らして、子ども達ともっと遊びます!
 
今しかない今を、子ども達と過ごせる今を大切にします。
ありがとうございました。
またイライラしたら必ず読みます。

Momful編集部

ギャビーさんお手紙ありがとうございます。
 
「今を大切にと思いながら、日々過ぎていく。必ず後悔すると知りながら」。
まさにその通りだなと…私の心にぐさりと刺さりました(^^;)
 
みんなわかっているんですよね。
理解していても思うようにいかないのが育児。
ちゃんとしているママは全てをこなしている、なぜ自分はできないんだと思ったりしても、ここへ来るお便りを見ていると自分だけじゃないんだなと感じます。
 
子どもに優しくいたいなら、時間を作りたいなら家事を削っていいと思います。
育児に変えられるものは絶対にありません。
今この時の息子さんたちは一生戻ってきません。
 
旦那様にその気持ちを理解してもえらえるかは分かりませんが、ギャビーさんが子どもとしっかり向き合い続けることで、何かが変わっていくはず。

私も子どもに振り回される毎日が、少しずつ自分の強さに変わっています。
焦らず、自分の気持ちもしっかり大切にしてくださいね。

2022.01.08 虎ママ さん

うちの子は現在2歳1ヶ月。
1歳半からなんとなく始まったイヤイヤが2歳を超えた途端に激しくなり、日に日に酷くなる一方。
 
40歳手前でこの子を産み、「もう自分はこの子を産んで育てたら、あとは死ぬだけだ」という覚悟で、老体にムチ打って頑張ってきました。
歳のせいもあり身体中痛くないところはないというほど痛み、疲れやストレスのためか視力も著しく下がり、本当にもう限界だと思いながらやってきました。
そこに魔の2歳児といわれる時期がついにきてしまい、もう身も心ももボロボロです。
少しでも気に入らないことがあればどこであれ、大きな声で泣き叫び地面に寝転びドタバタ暴れ、そこらにあるもの全て投げ家中ぐちゃぐちゃになるまで続ける。
それでも何か楽しいことをしてあげようと、毎日どこに行こうか、何を見せてあげようか一生懸命に考え、色んなとこに連れて行ってみる。
でも、気に入らなければまた暴れ、家に居ても暴れる。
そんな毎日に本当に疲れ切っていました。
 
この詩を読んだら、涙が溢れて止まりませんでした。
わかってはいるはずなんだけど忘れてしまう。
今が辛すぎて先が見えなくなってしまってるんだと思います。
 
冷静になり、落ちついてこの子との僅かな時間を受け止めないと。
いずれ「ママ、ママ」と呼んでくれなくなった時、この子が私を必要としなくなった時、もっと抱きしめておけばよかったと、もっと笑い合っておけばよかったと後悔しないように。
 
今、この子といられる時間を大切に大切にしようと、改めて思い直しました。
忘れかけていたことを思い出させてくれて、ありがとうございました。
また辛くて行き場を失った時は、この詩を読み返したいと思います。

Momful編集部

虎ママさんは、きっと頑張りすぎなんだと思います。
私も30代後半での出産だったため、お気持ちはとてもよくわかります。
若いママと比べると、体力的なきつさがハンパない!と思いました。
毎日疲労感がとれないので、ほとんど家事は二の次にして、子どもと一緒に睡眠だけはいっぱいとるようにしていました。
 
特に第二子は男児だったので、やることなすこと粗暴だし、すべてがダイナミック…。追いかけるのもひと苦労…。
そんな子どもたちもいつの間にか成長し、娘は大学生に、息子は高校生になり、あの日々が嘘のように今は平穏な毎日を過ごしています。
 
こんな毎日が訪れたのも、今振り返れば、大変だったあの時をとまどい、悩み、泣いたり笑ったりしながら、子どもとともに歩んできたからこそ、と思えるようになりました。
 
魔の2歳児…。何をやっても気に入らない。
でも子どもだって、その激情をキープするのはとっても大変なのです。
だから、時間がたてば必ず収束に向かうはず。
要は、それまでの時間をどうやり過ごすか。
 
どんなに完璧な育児をしたとしても後悔はあるだろうし、もっとこうしてあげればよかったと思うような気がします。
母親とはそういうものなのでしょう。
 
必ず子どもは成長していきますから、大変な時も永遠ではありません。
虎ママさんもあまり頑張りすぎず、時には「なるようになるさ」くらいの気持ちで手抜きしてくださいね。

2022.01.07 いちご さん

明日から幼稚園が始まるというのに今日は長女を怒ってばかりでした。
 
冬休みに実家で甘やかされてわがまま放題になって言うことを聞かず…
今月1歳になる次女もいて、実家でも家事をしていて休めてないこともあり、初めて子どもの前で号泣してしまいました。
 
この詩をみて、当たり前だと思っている毎日を大切にしないとなぁと思い、また涙が出てきました。
ありがとうございました。

Momful編集部

子どもの順応性は良くも悪くもすごいですよね。
 
私も経験があります。
実家に少し長くあずけたら、すっかり実家の生活ペースにはまって、なかなか抜け出せず、怒らなくてもいいことが増えたり、せっかく身につけた良い習慣も台無しになったり…。
それで、あずかってもらったのに、実家の親にも腹を立ててしまったり。
でも、子どもの順応性は素晴らしく、数日もたてば元に戻りましたよ。
 
自分の休息が足りないと些細なことでもイライラしたり、落ち込んだりしがち。
 
できるだけ家事を手抜きして、よく寝てくださいね。
私の場合は、睡眠こそが活力になりました。
 
また息抜きに、マムフルに遊びに来てくださいね。

2022.01.05 毛玉だらけ さん

辛いです。
会社ではスキルアップやキャリアアップを促され、家に帰れば3歩歩けば機嫌の悪くなる3歳5歳。
 
なんでいつもみんなの機嫌取りばかりしてるんだろう。
辛くなってしまいました。私が泣くと子どもも泣きました。
 
いつも笑顔の寄り添えるお母さんになりたかった。
私の中から何か減らさないと、この先どうにかなりそう。
 
今だけだって思えなくて辛い。
でも仕事も育児も減らせない。

Momful編集部

毛玉だらけさんお手紙ありがとうございます。
 
スキルアップやキャリアアップ、毛玉だらけさんが2児の母になっても求められる社会人であること、お子さんもそんな素敵なママで嬉しいですね。
ですが求められるものが多いとパンクしてしまいます。
仕事も子どもも大切ですが、ご自分の体が壊れてしまったら元も子もありません。
 
大切なものは何か、今何が必要なのか。
家事や仕事で少し息が抜けたり手が抜けたりしないと辛いと思います。
子育てしながらバリバリ働いている人も、笑顔ばかりではないですし、完璧なお母さんはいませんよ。
 
無理せず体も心も大事にしてください。
 
また辛くなったらいつでもマムフルの覗きにきてくださいね。

2022.01.05 まる さん

2歳の女の子のママです。
 
いわゆる魔の2歳児と呼ばれる時期で毎日ずっとイヤイヤしていて疲れてしまった所、この詩に出会いました。
読んでいる傍から涙が止まりませんでした。

Momful編集部

まるさん、お手紙ありがとうございます。
 
2歳児のイヤイヤ期は、「自我の芽生え」と言われているとはいえ、この終わりの見えない状態に、ついイライラして疲れ果ててしまうのは当然だと思います。
涙が止まらないのは、まるさんがそれだけ一生懸命お子さんと向き合い、頑張っている証だと思います。
 
適度に手を抜いて、またマムフルに遊びにきてくだいね。

2022.01.02 なみだ さん

この詩を読んで逆につらくなりました。
 
私は大学を卒業した年に母になりました。
周りの友人が仕事に遊びに忙しくしてる頃、私は毎日汗だくで元気な男の子を3人育てました。
下の子が小学校に入った時、「やっと私も若い頃履けなかった高いヒールが履ける」と、入学式に履く高いハイヒールを買いました。そしてその年、4人目が生まれました。
久しぶりの子どもは可愛いです。とてもとても。
でも、私は今年40歳。人生は子育てで終わってしまう。
 
この詩では、若い頃に沢山自由で綺麗な時間を過ごせた人には刺さるかもしれません。
でも、私にはもう若く綺麗で自由な時間はなかったんだな、と辛く苦しい気持ちになりました。
どうかこれは載せないでください。
産んだ私がこんなことを言う権利はないとわかっています。
こんなことを考えて、本当に可哀想なのは子どもたちです。わかっています。
 
でも誰かに知ってほしかった。コロナ禍の育児、頼れる実家もない。
本当につかれた。パートも転々としたのは、私もやりがいと責任のある正社員で働きたかったから。
でも多忙になると男の子3人には「どうして手伝ってくれないの!?」と叱ってばかり。
ごめんなさい。もう自分が自分をずっと責めて、毎日辛いです。

Momful編集部

なみださん、4人の育児は想像を絶するほどの大変さだと思います。
若くしてママになれば、それだけ子育てが終わった後楽しめるというものですが、4人も育てていると本当に子育てで終わってしまう気もしますよね…。
 
でも、40を過ぎてもまだまだおしゃれを楽しんだり、趣味に勤しんだり、美味しいものを食べたり。
若い頃よりむしろお金や時間の余裕ができて、人生をエンジョイできるかもしれません。
あまり悲観的にならず、ご自分を責めずに、どうか今を乗り切ってください。
 
たくさん涙を流した分強く、そしてやさしくなれる…
そして4人のお子様を育て上げた自信が、きっとなみださんを真の美しさで包んでくれるはず。
 
きれいごとに聞こえるかもしれませんが、私も子育てがひと段落した50を過ぎて、また正社員になりました。
50を過ぎて、新たな楽しみも見つけました。
 
なみださんの未来もまだまだこれからですよ!

2022.01.01 グリーンリバー さん

子育てに息詰まっているとき、この詩を見つけました。
号泣して涙が出て止まりませんでした。
また辛くなった時読み返したいと思います。
気持ちが楽になりました。

Momful編集部

グリーンリバーさん、お手紙ありがとうございます。
 
グリーンリバーさんと同じように他のママさんも息が詰まるとここを覗きに来て下さり、息抜きをしている方も多いようです。
子育ては、想像していたよりもずっと狭い世界で、孤独を感じることも多くありますよね。
そんな時は頑張りすぎず、またマムフルへ遊びにきてくださいね。

その他のお手紙のお返事を見る

山梨県の子育て相談総合窓口
(愛称:かるがも)

子育てに関するお悩み全般に対応した総合窓口。(相談はすべて無料)

055-228-4152

https://www.pref.yamanashi.jp/shougai-gks/17106209685.html

子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法
LICOオフィシャルブログより
 
https://licomama-kosodate.com/entry-12140029379
 
<LICO プロフィール>
7歳の娘と5歳と3歳の息子がいるママ
マムフルメインアイコン

Momful編集部

これはもう大号泣…。かけがえのない子育て時間が有限であることはわかっていても、ついイライラしちゃったり疲れちゃうこともありますね。こんな詩に出会って、ほっこりママの心の栄養補給ができたらいいな♪皆さんのおすすめのいい話なども、ぜひ送ってくださいね!

Recommend
[おすすめの記事]

もっと見る

Special Contents

Event
[イベント情報]

イベント一覧へ

Hot Word
[話題のキーワード]

タグ一覧へ

Post
[編集部へお手紙]

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!などのご意見、お待ちしております。
※返信希望、またその他お問い合わせの方はコチラ


    お手紙を出す

    Momful News
    [お知らせ]

    お知らせ一覧へ

    Category
    [カテゴリー]