ママだってみんな違っていい。 Momful【マムフル】

涙が止まらないとSNSでも話題!「育児に疲れたお母さんへ贈る詩」

感動のこの詩、知ってる?「育児に疲れたお母さんへ贈る詩」

いつもマムフル楽しみに見ています。ママ友と話題になり、知らなかったママも多かったので、ぜひ皆さんにお知らせしたくてお手紙を出しました。同じ育児中のママとして、共感したり元気になれる詩なので、よかったらぜひ紹介してください。(中央市 いっちゃん/4歳男児)

  • その他

4万人以上の読者を持つ京都在住ママブロガーLICOさんの詩!

いっちゃんさん、お手紙ありがとうございます!
編集部ママの間でもこの詩は話題でした~。顔面崩壊。。。
 
結局自分もお母さんとして子どもと同い年なわけだから、本当に余裕がなくて大変だったけれど、今思い返すと瞬きするくらい、一瞬だったなあと思います。
 
疲れちゃったとき、落ち込んだ時、イライラした時、この詩を読んでリセットしてくださいね。(編集部/さくママ)


ママの毎日

独身の頃
 
ヒールの靴が好きだった
お酒は苦手だったけれど友達と過ごすお酒の場の楽しい雰囲気が好きだった
 
好きな音楽はミスチルでいつもウォークマンに入れて好きな時に聴いていた
電車の中でゆっくり本を読むのも好きだった
 
お風呂では半身浴をして
美容院には2ヶ月に1回は必ず行っていた
 
お化粧するのも好きだった
1人で行く映画館が好きだった
 
流行りの雑誌を買い
流行りの曲を聴き
流行りの服を着て
流行りの場所へ好きな時に出かけた。

そんな私は 今
 
 
泥だらけのスニーカーを履き
 
子どもたちの着替えやオムツが入った大きなバックを肩にかけ
 
ちゃんとした化粧もせずに
 
髪を一つにくくり
 
毎日
子どもたちの手を繋いで公園へ散歩に行っている。
 
 
 
聴く曲はミスチルからアンパンマンマーチに変わった。
 
 
眺めているのはファッション雑誌から
子どもの母子手帳や幼稚園からの手紙に変わった。

考えていることは
今日の夕飯のメニューと
長女が幼稚園から帰ってきたあとのおやつ、お風呂、夕飯の流れの確認。
 
今日の天気で洗濯物が乾くかどうかと
明日の長女の遠足が晴れるかどうか。
 
最近眠くなると激しくぐずる長男を昨日つい怒ってしまったから
今日は早く寝かせてあげよう。
今日は怒らないでおやすみをしよう。
 
そんなこと。

毎日 押し流されるように迫ってくる日常があるから
 
キレイに片付いた部屋も
大の字で朝まで眠れる夜も
ゆっくり塗れるマスカラも
 
なんだかもう思い出せない。
 
 
 
そう。
 
 
 
思い出せないから
 
私たちは つい 忘れてしまうのだ。

この毎日が
 
ずっと続かないということを。

1人でゆっくりお風呂に入れるようになったら
 
 
湯船の中 あなたと向き合い数を数え
 
柔らかく響いたあなたの声を
 
 
私は思い出すのでしょう

1人で好きなだけ寝返りをうち眠れるようになったら
 
 
どこまで寝転がっても隣にいないあなたのぬくもりを
 
私は探すのでしょう

好きな音楽のCDを好きなだけかけられるようになったら
 
 
この部屋の中に溢れていたあなたの笑い声を思い出して
 
私は泣くのでしょう

好きなだけお化粧に時間をかけられるようになったら
 
 
私の洋服をひっぱり
膝の上によじ登り
私のやることなすことをお邪魔してくるあなたのその小さな手を思い出して
 
私は泣くのでしょう

好きなだけヒールが履けるようになったら
 
 
笑い転げるあなたを追いかけて走り回り
泥だらけになって遊んだあの空を思い出して
 
私は泣くのでしょう

自分とパパの洗濯物だけを回す日々が訪れたら
 
 
砂まみれの靴下も
おしっこを失敗したズボンも
牛乳をひっくり返したシャツも
 
洗濯カゴにないことを知って
 
 
私は泣くのでしょう

あなたの足音がしない部屋の掃除機をかける日が訪れたら
 
 
粉々になったビスケットの食べこぼしも
小さなおもちゃの部品も
あなたの細い柔らかい髪の毛も落ちていないことを知り
 
 
私は泣くのでしょう

1人で好きなことを
好きな時に
好きなだけ出来るようになったら
 
 
どんな時も「ママ」「ママ」と私を呼び
 
どんな時も私のことを探しているあなたの姿を思い出して
 
 
私は泣くのでしょう

一体いつまであるのかな
 
 
一体 いつまでここにいてくれるのかな
 
 
そして
 
そんなことを考えているうちに
 
 
 
また 今日も終わってしまった。

私たちの日常は「子どもが側にいる『今』」だから
 
子どもから離れて1人になれた瞬間が特別に感じて
 
好きなことを堪能できる喜びを噛み締めるけれど

でも 自分の人生を考えてみたら
 
 
特別なのは
 
 
本当は 子どもが側に生きているこの毎日の方。

でも 私たちはそれを忘れてしまう。

なんだか ずっと続くような錯覚を起こして毎日を過ごしているけれど
 
 
 
大変に思えるこの毎日に
 
数えきれない 愛しい が散りばめられていることを
 
私たちは いつか知るのです。

子どもたちが
 
この世に生まれてから今日まで
 
ママとパパのために
全身を力いっぱい使って思い出を撒き散らしてくれていたことに
 
私たちは 過ぎてから気付くのです。

ママの毎日は
 
ママでいられる毎日です。

 
 
私たちは この命が尽きるまで
 
どんなに子どもと離れていても子どもを思い、心配し、愛し続ける 子どもたちの母親だけれど
 
 
でも 子どもたちの側で『ママ』でいられることの出来る日の
 
なんて短いことかを
 
 
いつか思い知るのでしょう。

今日もあなたは
 
屈託のない笑顔で振り向き
 
「ママ!」と言って
 
両手を広げて こちらに飛び込んでくる。

忘れるものか。
 
 
絶対に。
 
絶対に。

あなたの前髪を切り過ぎて笑った昨日を。
 
あなたを怒って自分に涙が出た今日を。
 
あなたの寝相に笑った夜を。
 
あなたが摘んでくれたシロツメクサの白さを。
 
 
あなたに許された私を。
 
あなたがいてくれるこの毎日を。

私は 絶対に忘れない。

空

ミスチルも好きだけど
 
Eテレの歌に感動することを知った
 
 
ヒールも好きだけど
 
スニーカーの安心感が好きになった

自分のことが一番大切だった
 
 
そんな私に
 
自分の命よりも大切だと思える存在がこの世にはあると教えてくれた子どもたちに  
 
 
 
 
心から 感謝を。

子ども
子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法
LICOオフィシャルブログより
 
https://licomama-kosodate.com/entry-12140029379
 
<LICO プロフィール>
7歳の娘と5歳と3歳の息子がいるママ

山梨県の子育て相談総合窓口
(愛称:かるがも)

子育てに関するお悩み全般に対応した総合窓口。(相談はすべて無料)

055-228-4152

https://www.pref.yamanashi.jp/shougai-gks/17106209685.html

マムフルレスポンス

<#新着(2021年7月分)>

2021.07.20 アイリス さん

子育てが辛くて苦しくて、毎日泣いて、死にたいの繰り返しで本当にしんどいです。
今日はまだこの詩を読んでふみとどまれてます。
はやく楽になれますように。

Momful編集部

アイリスさん、お手紙ありがとうございます。
 
子育てが辛くて苦しい、確かにそうかもしれません。
さっきまで笑ってたのに基本怒るがメインなんてことも珍しくないですよね。
 
今は、子育てについて相談や話ができる場が多くなってきています。
心底悩んでいる時にそんなとこ…と後ろ向きになるかもしれませんが、見ず知らずの人だからこそ話しやすかったり、聞いてもらうことで心が楽になることもあります。
1人で全て抱え込む必要はありませんよ!

2021.07.14 りんちゃんまん さん

最近育児に疲れ気味で、イライラして子どもにあたってしまってました。
でも、この詩を読んだ時、涙が溢れ、可愛いく寄ってきてくれる子どもの笑顔、無償の愛をくれる我が子のことが、凄く愛しくて大切な存在だと再認識することができました。
 
今しかないこの時間を大切に過ごしていきたいと思います。
本当にありがとう。

Momful編集部

ママだってイライラしてしまったり、ついつい子どもにあたってしまったり…そんなこともあると思います。
ママだっていつも完璧ではいられません。
 
でも、りんちゃんまんさんがお子様を愛おしく大切に思う気持ちは、きっとしっかり伝わっていると思います。
いつもいつも笑顔でなんていられないかもしれませんが、これからも辛くなった時はこの詩を思い出してください。
 
また、マムフルにも遊びに来てくださいね。

2021.07.09 3人のママ さん

9.4.2の3人のママをしています。
毎日育児に追われ…。
疲れてきてしまいました。笑
 
朝、娘たちを小学校、幼稚園に送り出し、日中は怪獣になりつつある息子と過ごし、幼稚園、小学校から帰ってくると宿題を見たり習い事に送ったり、、毎日バタバタで自分の時間はいったいどこにあるのだろう…
と悲しくなったときにこの詩と出会いました。
 
私が今、疲れていることは何年後かにはもう1回戻りたい幸せな時間なんですね。
 
うん、この時間を大切にしよう。
大切に出来なくて怒ったり、悲しんだりすることもきっとあるけど、心のどこかには置いておこう。

Momful編集部

3人のお子様の子育ての大変さは、本当に経験した人しかわからないですよね…。
 
各年齢に合わせ、やらなければいけないことや見て揚げなければならないこと、そしてそれぞれのスケジュール管理…。
1日があっという間い終わっていく。
「今日もあれもこれもできなかった」とやり残したことだらけ。
肉体的にも精神的にも疲労がたまっていきますね。
 
でも、どんなことも永遠には続きません。
必ず終わりがやってくるんですよね。  
3人のママさんも程よく力を抜きながら、今を大切に過ごせますように!

2021.07.09 ゆっちー さん

数日間嫌で嫌で苦しかった気持ちが、この詩を見てすーっと消えて、心が落ち着きました。

Momful編集部

ゆっちーさん、お手紙ありがとうございます。
 
子育てしていると、本当に色んなことがありますよね。
子どもの成長に一喜一憂したり…。
毎日子育てに真剣に向き合っているゆっちーさんだからこそ、そんな気持ちになるんでしょうね。
 
頑張りすぎないで、時には息抜きも。
マムフルでは子どもとお出かけできるスポットを数多く紹介しています。
ぜひ、子どもとの「今しかない時間」を楽しんでくださいね。

2021.07.04 M さん

この詩を見て…自然と涙が…そぉ~だよな。
子育てはいつかは思い出。
でもぉ…今はそんな日がくるのだろうかと思う日々。
 
子どもは…発達障害があり…小さい時には発達の遅れに心配し…
今でも発達の遅れはあるけど更に目が離せない。
 
癇癪もこだわりもすごくて…私があなたに何かしたの?と思ってしまう毎日だけどぉ…
子どもと二人頑張っていこうと思いました。

Momful編集部

Mさん、お手紙ありがとうございます。
 
時がたてば思い出になる、頭で分かっていても今はそれどころじゃない毎日の連続ですよね。
発達障がいがあるなら、尚更やることも心配も多いですよね。
 
いつかは少し落ち着くのかな?なんて心配ばかりうまれますが、意外と子どもは成長していきます。
時に親の期待を上回り、時に感動させてくれます。
 
今は毎日を健康に過ごすことを考え、Mさんが無理をしすぎず手をぬけるとこはぬいて、自分の心も大切にしてほしいです。
また詩を思い出してくださいね。

2021.07.04 らくだ さん

素敵な文章をありがとうございます。
 
今、2歳の女の子と2ヶ月の男の子を育てています。
2歳の女の子に振り回されて、最近は自分のことが嫌になって、イライラが募って、このままではやってられないと、ついに今お酒を飲んでしまいました。
0歳の子の授乳中なのに。

今日の夜はミルクです。
そんな自分にも涙。
そして、この素敵な文章を読んだら、涙が止まらなくなりました。
 
その通りですね。
ついついイライラしちゃうけど、こんな時間はあっという間に終わってしまうんですよね。
ハッとしました。
 
そのことを胸に刻みながら、あと短い数年、ちょっとの我慢と沢山の幸せを味わいたいと思いました。
 
育児で疲れた時、辛くなった時に読み返したいと思います。
ありがとうございます。

Momful編集部

らくださん、「ママ」は1年365日毎日やっていなければならないし、これから先もずっと「ママ」しなきゃならないなんて思ったら、子どもが可愛いとそういうこととはまた別軸で、息が詰まってしまうもの。
そんな気持ちは、誰もが感じることだと思います。
 
時にはお酒を飲んだり、授乳はお休みしてミルクに頼ったっていいと思いますよ。
ママにだって息抜きは必要です!
 
あまり頑張りすぎず、完璧を求めず、力を抜いていきましょう。
短い数年とはいえ、先は長いです!
後から振り返ればあっという間に感じますが、その渦中にいる数年は本当に長いですから。
 
子どもといられる有限な時間を大切に過ごすためにも、自分自身を時々解放してあげてくださいね。
いつでもここでお待ちしております。

その他のお手紙のお返事を見る
マムフルメインアイコン

Momful編集部

これはもう大号泣…。かけがえのない子育て時間が有限であることはわかっていても、ついイライラしちゃったり疲れちゃうこともありますね。こんな詩に出会って、ほっこりママの心の栄養補給ができたらいいな♪皆さんのおすすめのいい話なども、ぜひ送ってくださいね!

Recommend
[おすすめの記事]

もっと見る

Special Contents

Event
[イベント情報]

イベント一覧へ

Hot Word
[話題のキーワード]

タグ一覧へ

Post
[編集部へお手紙]

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!などのご意見、お待ちしております。
※返信希望、またその他お問い合わせの方はコチラ


    お手紙を出す

    Momful News
    [お知らせ]

    お知らせ一覧へ

    Category
    [カテゴリー]