ママだってみんな違っていい。 Momful【マムフル】

クリスマスにはゆったりと親子で絵本の時間を

今年も残すところ、あと1ヵ月とちょっと。イルミネーションがキラキラと街を彩りはじめると、一気にクリスマスムードもアップ!そこで今回は、クリスマスがもっと待ち遠しくなっちゃう絵本を編集部ママがおすすめしま~す。

  • その他

クリスマス絵本5選~ロングセラーから人気仕掛け絵本まで

あのね、サンタの国ではね…

あのね、サンタの国ではね…
対象年齢:3歳〜
嘉納 純子
黒井 健
発行所偕成社
発行日1990年12月

この本のストーリー

あのね、サンタの国ではね…

舞台は、たくさんのサンタクロースが暮らすサンタの国。
 
一番大きくて立派なひげをはやした「グランサンタ」を筆頭に、12月のクリスマスに向け一年かけて準備に余念のないサンタクロースたち。
 
4月には「となかい学校」の入学式があったり、5月にはサンタたちの体力測定があったり。
 
サンタクロースたちの一年の暮らしを、フワっと優しい絵とクスっと笑える温かいストーリーで綴った絵本。

なっちゃんママのココがおすすめ!

はじめて娘に読み聞かせたとき、サンタさんたちの毎月の行事を知って「えっ!!そうなの!?」と私のほうが大きく反応してしまいました(笑)。
個人的に好きなのは、4月の「となかい学校」の入学式と、9月のおもちゃばたけの収穫のシーン。
はじめての学校にワクワクどきどきする子トナカイたちと、それをちょっぴり心配そうに見守る親トナカイたちの姿や、色とりどりのおもちゃの実をひとつひとつ丁寧に収穫・箱詰めするサンタさんたちの優しい笑顔に、読むたびにほっこりした気持ちになります♪

サンタさんのお仕事マニュアル

サンタさんのお仕事マニュアル
対象年齢:6歳〜
クリストファー・エッジ
ティム・ハッチンソン、リチャード・ジョンソン、マギー・ニーン、サンディ・ナイチンゲール、マイク・フィリップス
発行所大日本絵画
発行日2020年

この本のストーリー

サンタさんのお仕事マニュアル

サンタクロースって不思議だな。
どこに住んでいるのかな。どうしてみんなの欲しいものがわかるのかな?どうやってプレゼントを配っているのかな。
 
答えは、このしかけ絵本の中に。まるで図鑑のように詳しくサンタさんの秘密が描かれていて、ワクワクが止まらないしかけ絵本。

はなママのココがおすすめ!

息子が3歳の時に夢中になって読んだ絵本です。
サンタさんが世界中の子どもたちの家を巡る手書き風の地図や、空飛ぶトナカイに隠された秘密など、しかけをめくるたびに現れる驚きの事実に、大人も子どもも夢中になって楽しめます。
子どもの想像力や夢を大きく膨らませてくれて、クリスマスが100倍楽しみになる絵本です。

よるくま クリスマスのまえのよる

よるくま クリスマスのまえのよる
対象年齢:2歳〜
作・絵酒井 駒子
発行所白泉社
発行日2000年10月

この本のストーリー

よるくま クリスマスのまえのよる

男の子が眠れない夜にふと現れる、真っ黒の「よるくま」くん。
 
わるいこにはサンタさん来ないのかなあ…と、いっぱいお母さんに叱られたぼくは心配で眠れない。そんなクリスマスイブの夜によるくまが遊びに来た。
 
サンタさんを知らないよるくま。
じゃあ、ぼくがよるくまのサンタになってあげようか…と、繰り広げられる冒険のファンタジー。

さくママのココがおすすめ!

おねんね前の絵本として愛され続ける「よるくま」シリーズ。
お友達ママからクリスマスプレゼントでいただき、多分自分では選ばなかったであろう一冊だけに、とても新鮮な気持ちで手に取りました。
娘の反応もとってもよくて、クリスマス以外の夜も何回も読み聞かせしました。
サンタさんを知らないよるくまに、「そうだ ぼく よるくまに サンタさん してあげようか」という男の子。大人も、“思いやり”の本当の意味を考えさせられますね。
この絵本を読んだ後は、子どもの気持ちに寄り添って、いっぱい抱っこしてあげます。

くいしんぼうのサンタクロース

くいしんぼうのサンタクロース
対象年齢:2歳〜
中川 ひろたか
中川 貴雄
発行所教育画劇
発行日2019年10月

この本のストーリー

くいしんぼうのサンタクロース

クリスマスに大活躍のサンタさん♪
一体サンタさんは、クリスマス以外の時期は何をしているのだろうか。
 
暑かった夏も終わり、季節はすっかり秋に。
スポーツの秋や芸術の秋など○○な秋がある中、食いしん坊のサンタさんは「食欲の秋」を楽しみに、山菜を採りに山へと出かけるが迷子になっちゃう!!
 
しっかりもののトナカイとおばあさんが、どこか抜けているサンタさんのピンチを救うお話。

ももママのココがおすすめ!

サンタさんの過去エピソードが面白い!サンタさんとトナカイのルドルフがやりとりしているシーンは、見開きがさらにめくれるような仕掛け絵本になっていて、そのページにはサンタさんの回想シーンが描かれています。そのどこか抜けているサンタのエピソードに癒されます♪
季節がクリスマスではなく秋だったり、サンタさんがドジりと、従来のサンタクロースのお話とひと味違うストーリーを楽しめます。

ぐりとぐらのおきゃくさま

ぐりとぐらのおきゃくさま
対象年齢:3歳〜
なかがわ りえこ
やまわき ゆりこ
発行所福音館書店
発行日1967年6月

この本のストーリー

ぐりとぐらのおきゃくさま

ある冬のこと。野ねずみのぐりとぐらが森で雪合戦をしていると大きな足跡を発見!
 
さっそく足跡を追っていくと、ぐりとぐらのおうちに!
ドアを開けると真っ赤なアウターと白いマフラーがかかっている。
一体だれが来たんだろう?
 
ページをめくるたびに謎の来客者のヒントが現れ、あれもしかしてこれってあの人じゃ…?と、ワクワクしながらページをめくると期待通りの人物が登場!
 
美味しそうなケーキや楽しそうな森の動物たちに心がほっと温まるクリスマス絵本。

かなやんママのココがおすすめ!

ロングセラーの「ぐりとぐら」シリーズは、私が小さい頃から大好きでよく読んでいました。どのシリーズにも美味しそうな料理が出てきてほっこりします♪
タイトルだけではクリスマスの絵本とわからないけど、めくるたびに来客者のヒントが現れるのが、親子でワクワクできて楽しいです。
謎の登場に、謎のプレゼント、ちょっと不思議なお話なのが、また新鮮!

読者プレゼント

大月市出身の絵本作家・仁科幸子さんからMomfulへ新作絵本が届きました。
今回特別に抽選で3名様に、直筆サイン入り絵本をプレゼントします。

おなかをすかせたドラゴンとためいきゼリー

おなかをすかせたドラゴンとためいきゼリー

おなかをすかせたドラゴンとためいきゼリー
対象年齢:小学・中学年〜
著・絵仁科 幸子
発行所あすなろ書房
発行日2022年9月

この本のストーリー

おなかをすかせたドラゴンとためいきゼリー

街のはずれにある小さな公園に現われた看板を背負った黒ネコ。
看板には、“ためいきありませんか?大きく深いためいき、大歓迎!“の文字が。なんでもためいきを美味しい水あめにかえてくれるというのだ。
 
どこからかやってきた大勢のネコたちは、列をなして水あめを食べ始めるが…。
 
ネコの街を舞台に繰り広げられるちょっと変わったファンタスティックなお話。
読み終わった後には、『本当の幸せとは何か…』に気づかされる絵本です。

絵本作家 仁科幸子さん
絵本作家 仁科幸子さん
からのメッセージ
この本、実は今の世界へのメッセージが強く含まれています。地球に人に、大事なことを教えてくれるヒントが隠されているので、ぜひお母さんたちにも読んで頂きたい本です。
「おなかをすかせたドラゴンとためいきゼリー」絵本3名様にプレゼント
マムフルメインアイコン

Momful編集部

長年読み継がれているロングセラーから人気の仕掛け絵本まで、子どもたちの夢を膨らませてくれる楽しい内容ばかり。大切な人への贈り物に。

Recommend
[おすすめの記事]

もっと見る

Special Contents

Event
[イベント情報]

イベント一覧へ

Hot Word
[話題のキーワード]

タグ一覧へ

Post
[編集部へお手紙]

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!などのご意見、お待ちしております。
※返信希望、またその他お問い合わせの方はコチラ


    お手紙を出す

    Momful News
    [お知らせ]

    お知らせ一覧へ

    Category
    [カテゴリー]