ママだってみんな違っていい。 Momful【マムフル】

[ オーストラリア編 ] 世界の子育て事情を調べました!

【オーストラリア編】世界の子育て事情を調べました!

子育て中って「育児って何が正解なんだろう…」と途方もない悩みを抱えてしまうときってありますよね。そんなとき、思い切って広い世界に目を向けてみるのはいかがですか?そこで今回は「オーストラリアの子育て事情」を調べてみました!
世界の子育て事情TOPへ

  • その他

大自然でのびのび育児!オーストラリア

自然が友だち!みんなで外遊び

芝生で遊ぶ子どもたち

緑豊かな地域が多く、広々とした公園が多いのがオーストラリアの特徴。
 
天気のいい日は太陽の光をいっぱい浴びさせるのが良いとされており、小さいうちからお散歩や外遊びを積極的にさせるのが一般的。
 
日本でたまに見かける、ゲーム機を持って公園に集まる子どもたちはほとんど見かけないそう。
 
自然に囲まれて伸び伸びと遊ばせることで、受け身な思考ではなく、率先して楽しむ自発的な子になると考えられています。
 
近年では紫外線対策として、サングラスをかけて遊ぶ子も多いそう。ちょっとかっこいいですね!

自分で考えさせるタイムアウト育児

考え込む子ども

タイムアウトとは欧米の育児でよく見かけるワードで、言い争いになったり、駄々をこねたりしたら「お部屋の隅でタイムアウトしてきなさい」と言って、子どもに一人で考えさせる時間を作ること。
 
冷静になって考える時間を持つことで、自分の欲求や相手の言い分を考えさせることが目的
 
一昔前の日本では押し入れに閉じ込めたり、お家から締め出したり、なんてことがありましたが、これでは暗いところが怖いから謝って早くお部屋に入れてもらおうという考えになってしまい、本質を見逃してしまうことも。
 
小さいうちから考える力を養うことを大切にしている文化から生まれた育児ワードですね。

6ヶ月からのオージービーフ

牛の着ぐるみを着る子ども

お肉大国のオーストラリアでは、なんと生後6ヶ月からお肉のミンチを食べさせるそう!
 
市販のお肉入りベビーフードも多く、もりもり食べられるよう、離乳食の頃から食べられる子には積極的にどんどん与えるんだとか。
 
もともと欧米人はアジア人よりも腸の長さが短く、肉食が得意な人種と言われていますが、小さいうちから慣れているという要素も大きいのかもしれないですね。

マムフルメインアイコン

Momful編集部

いかがでしたか?国土の広さ、自然の大きさが育児にまで影響するとは驚きですね。とはいえ山梨県は自然がいっぱいなので、たまには思いっきり自然を満喫するのもいいですね!

Recommend
[おすすめの記事]

もっと見る

Special Contents

Event
[イベント情報]

イベント一覧へ

Hot Word
[話題のキーワード]

Post
[編集部へお手紙]

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!などのご意見、お待ちしております。
※返信希望、またその他お問い合わせの方はコチラ


お手紙を出す

Momful News
[お知らせ]

お知らせ一覧へ

Category
[カテゴリー]