ママだってみんな違っていい。 Momful【マムフル】

[ シンガポール編 ] 世界の子育て事情を調べました!

【シンガポール編】世界の子育て事情を調べました!

子育て中って「育児って何が正解なんだろう…」と途方もない悩みを抱えてしまうときってありますよね。そんなとき、思い切って広い世界に目を向けてみるのはいかがですか?そこで今回は「シンガポールの子育て事情」を調べてみました!
世界の子育て事情TOPへ

  • その他

教育熱心で学力世界一位!シンガポール

幼稚園から教育熱心!学力世界一位の教育

語学教育

シンガポールではバイリンガルであるのが当たり前で、語学教育に特に力を入れている。
 
保育園、幼稚園のときから第一言語である「英語」はもちろん、言語教育では「母語」にも時間を割き、「音楽」「体操」「算数」「理科」「社会」の時間もちゃんとあるんだとか。
 
さすが学力世界一位。各国から帰国子女がやってくるそうで、さらにレベルがどんどん上がっているそう。

メイド部屋付きの物件多数!

メイド部屋

生活費が世界一かかる国としても有名で、ほとんどの家庭が共働きなので、昔からメイドやハウスキーパーを利用する家庭が多いそう。
 
そのため、シンガポールの物件にはもともとメイドさん用の部屋がついている場合が多い。
 
保育園も生後2ヶ月から預けられるところもあり、教育の面から見ても早く預けることが主流

 
生活費は夫婦で、家事はプロに、教育は園でと、まさにそれぞれで役割分担をしている社会だ。

これは便利!最新離乳食

離乳食

もともと食品の多くを輸入に頼っているシンガポール。離乳食も海外の様々な種類が揃っており、日本のメーカーのものも店頭に並んでいる。
 
そんな中で最近人気が出ているのがゼリー飲料のパッケージに入っているタイプの離乳食
 
日本でもおやつ用のゼリー飲料は販売されているが、こちらはれっきとしたご飯用の離乳食。
 
一人で食べられない時期はスプーンで食べさせて、残ったらキャップして保存すればOKだから楽チン♪手に持てるようになったら、そのまま持たせても。
 
しかしどんなに便利でも、食べてくれるかは本人の気分次第…。

マムフルメインアイコン

Momful編集部

実は日本人と顔の系統がそっくりなシンガポール。子どもの教育に関心が高いところや働くママが多いところなど似ているところも多く、なんだか親近感を感じてしまいますね。

Recommend
[おすすめの記事]

もっと見る

Special Contents

Event
[イベント情報]

イベント一覧へ

Hot Word
[話題のキーワード]

タグ一覧へ

Post
[編集部へお手紙]

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!などのご意見、お待ちしております。
※返信希望、またその他お問い合わせの方はコチラ


    お手紙を出す

    Momful News
    [お知らせ]

    お知らせ一覧へ

    Category
    [カテゴリー]