ママだってみんな違っていい。 Momful【マムフル】

  • 生活
  • 編集部PR

[ 蚊帳の家 ] プライベートブランドR/SHOEIが手掛けるリノベーション

No.2 古き良き古民家をDIY 蚊帳の家

蚊帳の家 メイン画像

家族や親戚の人が集まり、子どもたちの遊ぶ声が響き渡る…。江戸時代末期に造られ、170年の歴史を見てきたこの家に、もう一度そんな風景を見せたい。家主の想いに共感した人々が新たな命を吹き込んだ。

Point1 ワークショップでDIY

蚊帳の家 ワークショップでDIY

「地域の人々が集まる場所にしていきたい」そんな家主の想いを聞き、それならばと作る過程から、ワークショップなどで学生や近所の人たちと作ることを決めたという。

蚊帳の家 ワークショップでDIY

床下をすべて取り払い、キッチン台を下げて使いやすく。タイルは1つ1つ手で張り付けて。手間はかかれど、その時間がすでにかつての姿を取り戻していく。

Point2 時を経た姿はそのままに

  • 蚊帳の家 キッチン after

    after

  • 蚊帳の家 キッチン before

    before

以前、使っていたキッチン台をそのまま活かし、見た目は内装と合うように使用感のある色味で仕上げる。とってつけたような新品にするのではなく、家全体のデザインに合わせることにこだわった。

蚊帳の家 壁や天井

壁や天井の色味も、あえて色むらが出るように調整。モルタルに墨を練りこみ独特の色味を出し、蚊帳の家全体の古めかしさを表現しているというのも、さすがの業!

Point3 R/SHOEIのこだわり

蚊帳の家 オムツ交換台

おむつ台は2階の屋根裏部屋で眠っていた古い建具を再利用しDIY。なるべくこの家にあったものを活かしたいという思いが随所に溢れる。

蚊帳の家 洗面台の廊下

洗面台へ続く引き戸は、他のお宅を改装した際に、使わなくなった扉を「何かに使えるかも」とSHOEIの大原社長がとっておいたものを加工して再利用。
 
R/SHOEIではそうした個人コレクションが登場することもしばしば。トータルのデザインを考え、あらゆるものを駆使し、発想し、最善を尽くすことこそがR/SHOEIのこだわりなのだ。

象徴の蚊帳

  • 蚊帳の家 象徴の蚊帳1
  • 蚊帳の家 象徴の蚊帳2
  • 蚊帳の家 象徴の蚊帳3

今回のリノベーションをするにあたり、刺繍を表現手段とするアーティストの柵瀨茉莉子さんが招聘されており、この古民家の時の流れを蚊帳に縫いとめた。
 
この蚊帳も古民家から見つけたもの。
 
庭の木の葉や周囲の草花を訪れた人とともに蚊帳に縫い付け、すぐに落ちるものもあれば、そのままとどまるものもあり、日々その顔を変えていく。しかし縫い目は消えることなく、その日確かに誰かが縫い付けたことは消えず、蚊帳はずっと見守っている。

作家・柵瀨茉莉子

神奈川県横須賀市出身。「縫う」ことを表現手段とし、主に木片や木の葉、花びらといった自然物を素材に作品づくりをする。2020年3月14日(土)から横浜美術館で個展「いのちを縫う」を開催する。

R/SHOEI ロゴ

R/SHOEI

築70年の古民家をリノベーションしたオフィス・飲食店・イベントスペースからなる複合施設。RENOVATION・DIY・HANDCRAFTを通じた新しい暮らし方を提案する。

基本情報

名称 R/SHOEI(株式会社SHOEI 中央営業所)
住所

山梨県甲府市中央2-12-19 2F

Google Map
TEL 055-225-6202
URL http://www.shoei-design.jp/
SNS
  • Facebookリンク
  • Instagramリンク

Recommend
[おすすめの記事]

もっと見る

Special Contents

Event
[イベント情報]

イベント一覧へ

Hot Word
[話題のキーワード]

タグ一覧へ

Post
[編集部へお手紙]

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!などのご意見、お待ちしております。
※返信希望、またその他お問い合わせの方はコチラ


    お手紙を出す

    Momful News
    [お知らせ]

    お知らせ一覧へ

    Category
    [カテゴリー]