ママだってみんな違っていい。 Momful【マムフル】

  • 生活
  • 編集部PR

[ SHOEI DOWNSTAIRS & RS1R201 ] プライベートブランドR/SHOEIが手掛けるリノベーション

No.4 リノベーション空間を堪能

SHOEI DOWNSTAIRS 内観

DIYの楽しさやハンドメイドの温かみ、使われ方次第で価値を見い出すヴィンテージの活用など、魅力溢れるR/SHOEIが手掛けるリノベーション。山梨は都道府県別で空き家率が最も高く、深刻な問題となっていることもあり、リノベーションの価値は社会的意義も、注目度も高くなってきています。実際、建築相談会でも多くの質問が寄せられたとか。

SHOEI DOWNSTAIRS 内観

そこで、今回は民泊や賃貸マンションなどに活用されているR/SHOEIのモデルルームをご紹介しましょう。

SHOEI DOWNSTAIRS

SHOEI DOWNSTAIRS内観

築30年以上の鉄筋コンクリートマンションの中で、特に人気のなかった半地下の部屋。ミッションは単なるリフォームではなく、その価値を上げて入居率をアップすること。

SHOEI DOWNSTAIRS看板

リノベーションのスペシャリストR/SHOEIは、“半地下”というネガティブ要素を発想の転換で、「SHOEI DOWNSTAIRS」とし“階下の特別空間”に一転させた。

SHOEI DOWNSTAIRSキッチン

中でも一番人気のなかった奥の部屋をモデルルームとしてリノベーション。コンクリートやアイアン、ステンレスなどの無機質な風合いにひと手間をかけ、安っぽくない大人のヴィンテージ感を演出した。

SHOEI DOWNSTAIRSドアノブ

扉ひとつ、ドアノブひとつにもこだわり、手を抜かない。
 
「扉にはアイアン塗料を塗り、ひたすらこすった。こすることで、深みのある光沢が表れてくるんだよね。ドアノブひとつでも全然違ってくる。ニッケルの色合いが好きで、これひとつでぐっと大人っぽく高級感が出るから、どうしてもこの色のノブにしたかったんだ。1年以上かけてやっと完成した」(大原社長談)。

SHOEI DOWNSTAIRSサニタリーとリビングルーム

ニッケルの色味と伝統的なヘキサゴンタイル模様にこだわって、丁寧に仕上げたサニタリー。木の風合いを生かし、洗練された中にも温かみに溢れたリビングルームは、黒板を効果的に演出し、ヴィンテージ家具で彩ったブルックリンスタイル

SHOEI DOWNSTAIRSリビングルーム

異素材を組み合わせたり、少数民族のハンドクラフト品などのインテリアにより、ファクトリーテイストもプラスした、ラフ&ヴィンテージな隠れ家を実現した。
 
現在、モデルルームは料理やDIYなどのイベントで活用するほか、見学することもできるので、R/SHOEIのリノベーションに興味がある人は覗いてみて。
 
お問い合わせはR/SHOEIまで。

SHOEI RS1R201

RS1R201内観

築30年以上の賃貸マンションの一室をフルリノベーションして、民泊に活用。実際に宿泊し、その部屋を利用することによって「リノベーションの存在意義と価値」を実感できるコンセプトルームに。

RS1R201施工前

これからはストックの時代
 
新しいものを建てるのと並行し、今ある中古物件を古き良き部分を活かしながら、今の時代に合ったものに変えていくことが重要だと、R/SHOEIは考える。
低コストに抑えるため、間取りの変更は最小限に、空間の見せ方を工夫し、できるだけDIYすることに。

RS1R201DIYでリノベーション

「DIYは住まう人が行うのが一番」と考えるR/SHOEI。自分の住まいをDIYすることで愛着がわくというのが一番のポイントだ。
 
DIYの楽しさを伝えるべくワークショップを開催、一般に参加を集い珪藻土やペンキ塗りでともに汗を流したRS1R 201。

RS1R201 リビング

捨てられていた古いダイニングテーブルをDIYで修繕。照明はアメリカの工場で使われていたもの、収納棚は昔アメリカの郵便局で使われていたものなど、ストーリーのあるヴィンテージを取り入れることで、空間そのものの雰囲気がワンランクアップする。

RS1R201 キッチンカウンター

キッチンカウンターもほぼすべてDIY。ハンドクラフトの温もりとヴィンテージの持つプレミアム感の融合。移り変わりのスピードが速い現代の中で、普遍の価値を見い出せるヴィンテージとの出会いは、果てしない努力の賜物だと大原社長は言う。
 
「すすを被ったゴミ同然のものが手を加えることでどう輝くのか。その姿を想像できなければ、ヴィンテージとの出会いはない。まさに宝探しの旅だ(笑)」。

RS1R201 リビング

リノベーション+DIY+ヴィンテージを体感できる「RS1R 201」に泊まってみては。

ご予約はこちら

予約サイトAirbnb 「RS1R 201」

R/SHOEIの取り組み

「リノベーション」によって中古物件に新たな価値を生み出してきたR/SHOEI。
 
現在、空き家を持つ人と使いたい人をつなぐマッチング事業「アキヤマモリ」を新たにスタートさせた。
空き家率が最も高い山梨で、空き家を再生させるという大原社長のこの新プロジェクト、様々な人を巻き込みながら、大きな革新の第一歩となりそうだ。

R/SHOEI ロゴ

R/SHOEI

施主の要望をしっかり踏まえつつ、+αの提案で夢が広がる新築プロジェクト。社会的意義を持つリノベーションを手掛けるR/SHOEIの取り組み。「時代を超えて愛されるものづくり」をコンセプトにしたSHOEIの建築は、多くの人の心に訴えかける。

基本情報

名称 R/SHOEI(株式会社SHOEI 中央営業所)
住所

山梨県甲府市中央2-12-19 2F

Google Map
TEL 055-225-6202
URL http://www.shoei-design.jp/
SNS
  • Facebookリンク
  • Instagramリンク
備考 上記物件に関する詳細はR/SHOEIまで

Recommend
[おすすめの記事]

もっと見る

Special Contents

Event
[イベント情報]

イベント一覧へ

Hot Word
[話題のキーワード]

タグ一覧へ

Post
[編集部へお手紙]

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!などのご意見、お待ちしております。
※返信希望、またその他お問い合わせの方はコチラ


    お手紙を出す

    Momful News
    [お知らせ]

    お知らせ一覧へ

    Category
    [カテゴリー]